トヨクモ(4058)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。トヨクモIPOは残念ながら3社同時上場ですが、それでもクラウド関連の小型IPOとして期待度が高まっているようです。

トヨクモIPOは同時上場する3社の中でも一番人気を集めそうなので、是非とも当選したいIPOですね。

トヨクモ

トヨクモIPOの過去記事

トヨクモIPOの新規上場を承認!いちよし証券が主幹事

トヨクモIPOのBBスタンスとIPO評価!クラウド関連IPO

トヨクモIPOの初値予想!仮条件は強気

トヨクモIPOの配分数(割当数)

トヨクモIPOの配分数(割当数)は、主幹事のいちよし証券75%を占めています。ただ、抽選配分比率が1%しかないため、抽選で当選するのは困難です。

よって、100%完全抽選のマネックス証券や、抽選配分比率が高めのSBI証券の方がチャンスがありそうですね。

トヨクモIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
いちよし証券 (主幹事) 375,000株 75% 38枚 C
大和証券 35,000株 7% 53枚 B
SMBC日興証券 30,000株 6% 30枚 C
岩井コスモ証券 15,000株 3% 15枚
SBI証券 15,000株 3% 68枚 B
極東証券 10,000株 2% -枚
東洋証券 10,000株 2% -枚
マネックス証券 10,000株 2% 100枚 A
合計 500,000株 100% 304枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

トヨクモIPOのBB(ブックビルディング)は9月10日に締め切られるので、上記の割当数(配分数)を参考にしながら、早めに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング