i-plug(4177)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の3月3日からスタートします。i-plugは、新卒逆求人サイトの「OfferBox(オファーボックス)」を運営していることで注目されているようです。

i-plugは、IPOラッシュ序盤での単独上場なので、スケジュールにも恵まれていますね。

i-plug

i-plug(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名i-plug
コード4177(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
岡三証券
いちよし証券
マネックス証券
松井証券
岡三オンライン証券
上場日3月18日
仮条件決定日3月1日(2,470円~2,620円に決定)
ブックビルディング期間3月3日から3月9日まで
公開価格決定日3月10日(2,620円に決定)
申込期間3月11日から3月16日まで
公募270,000株
売出し241,600株
OA76,700株
吸収金額14.5億円
時価総額92.2億円
想定価格2,470円→公開価格:2,620円
初値価格6,000円

i-plug(4177)IPOの事業内容

i-plugは、就職活動中の学生及び企業を対象に、新卒ダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox(オファーボックス)」と適性検査サービス「eF-1G(エフワンジー)」を提供しています。

i-plugのビジネスモデルは、ビッグデータを活用しながらインターネット上のプラットフォームで、HR(Human Resource=企業の人的資源)領域の課題を解決する事業を展開することを可能とするものです。

OfferBox(オファーボックス)は、企業が興味をもった学生にオファーする就活サイトで、7,890社以上の企業が学生にオファーを送信しています。

OfferBoxの登録企業

OfferBoxでは、学生検索の負担を減らす目的でAI(人工知能)による検索システムを導入しており、ビッグデータ等を用いてマッチングの効率化を図っています。

eF-1G(エフワンジー)は、194個の測定項目で戦力となる人材を選び、育て、活かすという人事活動を一貫して支援する適性検査です。

eF-1G(エフワンジー)は、入社前であれば採用選考における見極めから、内定後の動機づけまで採用のあらゆるシーンで活用することができます。

また入社後であれば、職種適性による適材適所を実現したり、登用の検討材料として活用したり、データを蓄積することで採用成果を検証したりすることができます。

IPOによる手取金の使途

  1. 新規事業領域含むプロダクト開発力の強化のための人件費等
  2. OfferBox事業の成長を加速させるためのプロモーション費
  3. グループ会社の株式会社イー・ファルコンの事業拡大に向けた人件費
  4. 当社の有利子負債の返済資金

i-plug(4177)IPOの業績

i-plugの業績

(※画像クリックで拡大)

i-plugの売上は綺麗な右肩上がりで、利益もバラついているものの急伸していて、今後の成長性も期待できそうです。

i-plugのIPO評価

i-plugはマザーズへの単独上場で、規模(吸収金額14.5億円)もそれほど大きくないため、需給面に問題はありません。

また、OfferBox事業はAI(人工知能)、ビッグデータHR(Human Resource=企業の人的資源)というテーマ性があり、業績好調で成長性も見込めるため、事業面でも関心を集めそうです。

よって、i-plugのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。i-plug(4177)IPOは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(40万株)が少し気になりますが、それでも初日値付かずも想定される高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

i-plug(4177)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

i-plug(4177)IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。主幹事の大和証券はもちろんのこと、SBI証券マネックス証券などの平幹事も全て申し込むつもりです。

クリーマIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
松井証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社