T.S.I(7362)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の3月3日から始まります。

T.S.Iは、Terminalcare Support Instituteという社名の通り、終末期ケアの支援機関として介護事業を展開しています。

T.S.Iは、大型で知名度の高いココナラとの同時上場になりますが、まだIPOラッシュ序盤での新規上場なので、あまり心配する必要はないと思います。

tsi

T.S.I(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名T.S.I
コード7362(サービス業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
SBI証券
西村証券
東海東京証券
上場日3月19日
仮条件決定日3月1日(1,700円~2,000円に決定)
ブックビルディング期間3月3日から3月9日まで
公開価格決定日3月10日(2,000円に決定)
申込期間3月11日から3月16日まで
公募300,000株
売出し100,000株
OA60,000株
吸収金額7.1億円
時価総額23.7億円
想定価格1,550円公開価格:2,000円
初値価格4,000円

SMBC日興証券 オンライントレード

T.S.I(7362)IPOの事業内容

T.S.Iは、在宅独居高齢者の孤独死、要介護者の在宅生活の限界と特別養護老人ホーム入所待機者の解消という社会課題を解決するため、サービス付き高齢者向け住宅「アンジェス」を運営しています。

アンジェスは京都府、滋賀県を中心に、岡山県、静岡県、兵庫県、愛知県、神奈川県にも拠点を展開しています。

アンジェスの拠点展開状況

また、T.S.Iは要介護認定を受けた利用者に対して、介護福祉士(ケアワーカー)や訪問介護員(ホームヘルパー)が自宅へ訪問して身体介助や、掃除・洗濯などの家事面における生活援助を行う訪問介護・介護予防・日常生活支援も行っています。

さらに、T.S.Iは在宅で介護を希望する利用者向けに居宅介護支援も行っています。

T.S.Iは、その他にも不動産事業としてサービス付き高齢者向け住宅「アンジェス」の設計・建築も手掛けています。

T.S.I(7362)IPOの事業系統図

T.S.Iの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. 連結子会社である株式会社北山住宅販売において、新規拠点の土地取得及び自社物件の建物建築等のための設備資金

T.S.I(7362)IPOの業績

T.S.Iの業績

(※画像クリックで拡大)

T.S.I(7362)IPOの売上は理想的な右肩上がりで、利益も急激に伸びていて好調そうですね。

T.S.IのIPO評価

T.S.Iは、ココナラとの同時上場ですが、小型(吸収金額7.1億円)で当選枚数が少なく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないので、需給面は悪くありません。

また、T.S.Iは介護福祉というテーマ性があり、業績も好調に推移しているので、事業面でも関心を集めそうです。

よって、T.S.IのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。T.S.I(7362)IPOは、公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

T.S.I(7362)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

T.S.I(7362)IPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込むつもりです。主幹事の野村證券をはじめ、SBI証券SMBC日興証券などの平幹事ももれなく申し込みたいと思います。

クリーマIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
西村証券 口座なし
東海東京証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社