アイキューブドシステムズ(4495)IPOの仮条件が決まっています。アイキューブドシステムズIPOは、新型コロナウイルスの影響によるスライド上場組ですが、前回より大幅に規模が小さくなったため、前評判も前回よりアップしています。

また、6月に新規上場したIPOが概ね高い初値を付けていることも追い風になりそうですね。

アイキューブドシステムズ

アイキューブドシステムズIPOの関連記事

アイキューブドシステムズIPOの改めての新規上場を承認!野村主幹事

アイキューブドシステムズのBBスタンスとIPO評価!スライド上場

アイキューブドシステムズIPOの仮条件

2,720円~3,120円

アイキューブドシステムズIPOの仮条件は、想定価格の2,630円を上回るレンジになっています。アイキューブドシステムズIPOの主幹事は、強気の仮条件を連発している野村證券なので、仮条件の上振れも想定内といったところでしょうか。

ちなみに、アイキューブドシステムズIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は4.5億円から5.4億円にアップしますが、小型なことに変わりありません。


IPOは100%完全抽選のマネックス証券

アイキューブドシステムズIPOの初値予想

6,300円⇒7,180円 (公開価格比:+4,060円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,900円~4,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,000円~7,200円)

アイキューブドシステムズIPOは、GMOフィナンシャルゲートIPOKIYOラーニングIPOとの3社同時上場になりますが、その中でも規模(吸収金額5.4億円)が一番小さいため、資金分散の影響も小さいと思います。

また、モバイルデバイス管理サービス事業は働き方改革テレワークというテーマ性で関心を集めそうです。

よって、アイキューブドシステムズIPOはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約130万株)が懸念材料ですが、それでも公開価格の2倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アイキューブドシステムズIPOのその他初値予想はこちら

アイキューブドシステムズIPOの幹事団

アイキューブドシステムズIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
マネックス証券
西日本シティTT証券
岡三証券
岩井コスモ証券
auカブコム証券
岡三オンライン証券

アイキューブドシステムズIPOは、小型で当選枚数も少ないのに幹事証券は多めなので、なるべく多くの幹事証券に申し込んで、少しでも当選確率をアップさせるのがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社