ヤシマキザイ(7677)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の6月10日からスタートします。ヤシマキザイは、鉄道関連の卸売業という地味めな東証2部IPOなので、あまり話題になっていません。

また、ヤシマキザイは前日に新規上場するインフォネットが初日値付かずになると、実質的な同時上場になってしまうので、ますます影が薄くなりそうです。

ヤシマキザイ

ヤシマキザイ(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名ヤシマキザイ
コード7677
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
エース証券
SBI証券
カブドットコム証券
上場日6月26日
仮条件決定日6月6日(1,200円~1,280円に決定)
ブックビルディング期間6月10日から6月14日まで
公開価格決定日6月17日(1,280円に決定)
申込期間6月18日から6月21日まで
公募250,000株
売出し551,000株
OA120,000株
吸収金額11.8億円
時価総額36.9億円
想定価格1,280円→公開価格:1,280円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

ヤシマキザイIPOの事業内容

ヤシマキザイは、鉄道車両製品を主な市場として鉄道事業者及び鉄道車両メーカーや鉄道車両用電気品メーカーなどを販売先とし、鉄道車両用電気品、同車体用品、同車載品、コネクタ・電子部品を主な商材として取り扱っています。

また、ヤシマキザイは国外において、中国の高速鉄道網の拡充にともない、上海市に現地法人を設立し、鉄道車両メーカーで売上高が世界で最大の「中国中車股份有限公司(中国中車)」への販売を中心として展開しています。

さらに、ヤシマキザイはインドネシア、フィリピン、ベトナム、インド等においても、それぞれ拠点を置き、鉄道に関する商材の販売もしくは販路の開拓を行っています。

ヤシマキザイは、その他にも海外の火力発電所用の補修・改造用品、各種ハーネス加工品、電源ユニットなどのパワーデバイス、微小な気泡を含む水発生装置などを取り扱っています。

ヤシマキザイIPOの事業系統図

ヤシマキザイの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

ヤシマキザイIPOの業績

ヤシマキザイの業績

(※画像クリックで拡大)

ヤシマキザイIPOの売上は概ね堅調に推移していますが、利益はやや下降線といった印象を受けますね。

ヤシマキザイのIPO評価

ヤシマキザイは東証2部への新規上場で、鉄道関連の卸売業もIPOで人気になりにくいため、注目度は低いと思います。

ただ、ヤシマキザイはそれほど規模(吸収金額11.8億円)が大きくなく、全体的に堅実な印象なので、大崩れはしない気もします。

よって、ヤシマキザイのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。ヤシマキザイIPOは、公開価格を若干上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ヤシマキザイIPOのその他情報はこちら

ヤシマキザイIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ヤシマキザイIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただし、SBI証券は落選すればIPOチャレンジポイントが貰えるので必ず申し込みます。

ヤシマキザイIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) 検討中
SMBC日興証券 検討中
みずほ証券 検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 検討中
エース証券 口座なし
SBI証券 BB参加
カブドットコム証券 検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング