インターファクトリー(4057)IPOの新規上場が承認されました。インターファクトリーIPOは、8月25日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、インターファクトリーIPOの主幹事はSMBC日興証券SBI証券が共同で務めることになっています。

今年の4月に三井住友フィナンシャルグループ(8316)とSBIホールディングス(8473)の資本・業務提携が発表されていたので、共同で主幹事を務めるIPOが増えるのではと予想していましたが、早くも第一弾が承認されました。

SBI証券が共同主幹事なので、IPOチャレンジポイントの当選ラインなどについて、にほんブログ村などでも様々な意見が飛び交いそうですね。

インターファクトリー

インターファクトリー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名インターファクトリー
コード4057(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
SBI証券
幹事証券(委託含む)いちよし証券
丸三証券
松井証券
上場日8月25日
仮条件決定日8月6日(870円~960円に決定)
ブックビルディング期間8月7日から8月14日まで
公開価格決定日8月17日(960円に決定)
申込期間8月18日から8月21日まで
公募466,000株
売出し500,000株
OA144,900株
吸収金額9.3億円
時価総額31億円
想定価格840円→公開価格:960円
初値価格5,080円

SMBC日興証券 オンライントレード
インターファクトリーIPO主幹事のSMBC日興証券

インターファクトリーIPOの概要

インターファクトリーIPOは、クラウド型ECプラットフォーム構築事業としてクラウドECプラットフォーム「ebisumart」を提供しています。

ebisumart」は、ECサイト構築ツールSaaS型非カート市場で2018年にシェアNO.1(出典:富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2019年版」)を獲得しており、累計600サイト以上の導入実績があります。

インターファクトリーIPOは規模(吸収金額9.3億円)が小さく、ECプラットフォーム事業もIPOで根強い人気があるので期待できそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

インターファクトリーIPOのその他情報はこちら

インターファクトリーIPOの幹事団は、共同主幹事のSMBC日興証券SBI証券を中心に、IPOで前受金不要(事前入金不要)な松井証券などの5社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

インターファクトリーIPOの初値予想

インターファクトリーIPOの初値予想は、仮条件決定後(8月6日以降)に追記させていただきます。

3,000円⇒4,000円 (公開価格比:+3,040円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,800円~2,100円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,900円~2,200円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社