IPOに当選した場合、初値で売るかどうかは嬉しい悩みです。ちなみに、私は基本的に初値売りですが、複数当選した時や最初からしばらく保有することも視野に入れていた場合、臨機応変に対応することもあります。

そこで、参考までに昨年(2022年)に新規上場したIPOを初値売りした場合の利益額ベスト5をリストアップしてみました。

ipo

2022年のIPO初値売りでの利益額ベスト5
順位 銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
市場
規模
公募価格
初値価格
利益額
1位

9338
INFORICH
12月20日
大和証券
グロース
3億円
4,600円
10,510円
5,910円
2位

9565
ウェルプレイド・ライゼスト
11月30日
SBI証券
グロース
5.8億円
1,170円
6,200円
5,030円
3位

5032
ANYCOLOR
6月8日
大和証券
三菱UFJモルガン
・スタンレー証券
グロース
27.5億円
1,530円
4,810円
3,280円
4位

7794
イーディーピー
6月27日
SMBC日興証券
グロース
24.7億円
5,000円
8,200円
3,200円
5位

5242
アイズ
12月21日
SBI証券
グロース
9.6億円
2,200円
5,160円
2,960円

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

1位のINFORICHは初値売りで59万1千円の利益です。また、2位のウェルプレイド・ライゼストも初値売りで50万3千円の利益です。今年は、こんなIPOに是非とも当選したいですね。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング