テクノロジーズIPOのBB(ブックビルディング)は明日(1月17日)で締め切られます。1月や2月はIPO閑散期なので、資金繰りに頭を悩ますことはあまりありません。

しかし、3月以降は多くのIPOが新規上場するため、資金繰りも厳しくなります。そこで、IPOに申し込む時に前受金が不要(事前入金不要)の証券会社をピックアップしてみました。

IPO

IPOで前受金不要(事前入金不要)の証券会社

  • 野村證券

    野村證券はIPOで主幹事を務めることが多いため、IPO投資に必須の証券会社です。

    野村證券は当選しにくいという噂を良く耳にしますが、個人的には過去に何度も当選したことがあるので、それなりに期待できる証券会社だと思います。


  • みずほ証券

    みずほ証券は昨年(2022年)のIPO主幹事ランキングで2位にランクインしていて、昨年から前受金不要(事前入金不要)でIPOに申し込めるようになっています。

    にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
    にほんブログ村


  • 松井証券

    松井証券はこのところIPOの取扱い銘柄が増えていて、昨年(2022年)もIPO幹事ランキングで4位にランクインしています。

    また、松井証券は割当数の約70%を抽選で完全配分と公表していますが、日本証券業協会の「新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況」によると、ほぼ100%抽選配分しているようなので、IPO抽選組に優しい証券会社です。


    松井証券のIPOルール


  • 岡三オンライン

    岡三オンラインは岡三証券が主幹事や幹事を務めるIPOで、ほぼ100%委託幹事を務めているので、IPOの取扱い銘柄はそれなりにあります。

    また、岡三オンラインはIPOで割当数の100%を完全抽選+ステージ制で配分しています。


    岡三オンラインのIPOは前受金不要


  • SBIネオトレード証券

    SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)はSBIグループに属する証券会社なので、SBI証券が主幹事を務めるIPOで委託幹事を務めることが多い証券会社です。

    SBIネオトレード証券SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)のIPOルール


  • DMM.com証券

    DMM.com証券のIPOは100%平等抽選ですが、IPOの取扱いを始めて日が浅く、今のところ当選への期待度もかなり低めです。

    ただ、DMM.com証券は信用取引口座を開設すれば、無料でIPOに必須の東証FLEX Full(フル)板情報を利用でき、モーニングスター社が発行している月額4,000円の株式新聞Webも無料で読めるため、口座を開設しておいても損はありませんね。

    【DMM 株】口座開設


  • むさし証券

    むさし証券のIPOは100%平等抽選です。しかし、IPOの取扱い銘柄は少ないため、当選への期待度も低めです。


  • Jトラストグローバル証券(JTG証券)

    Jトラストグローバル証券(旧エイチ・エス証券)のIPOは配分予定数量の10%以上を抽選で配分しています。


  • 上記の証券会社は前受金不要(事前入金不要)でIPOに申し込めるので、初心者の方や資金が少ない方は要チェックです。


    IPO・新規公開株ランキング

    初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング