年始一発目のIPOであるテクノロジーズのBB(ブックビルディング)が始まっています。今年の1月は、テクノロジーズしかIPOがないため、かなり注目されそうです。

そこで、年始一発目のIPO(リートとインフラIPOは除く)の初値結果を検証してみました。

IPO

年始のIPO第一弾の初値結果(2015年~2022年)
銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
公開価格
吸収金額
初値価格 騰落率
6036
KeePer技研
2015年2月12日
東海東京証券
2,120円
19.5億円
3,160円 49.1%
3930
はてな
2016年2月24日
SMBC日興証券
800円
6.9億円
3,025円 278.1%
3976
シャノン
2017年1月27日
東洋証券
1,500円
2.6億円
6,310円 320.7%
4380
Mマート
2018年2月23日
みずほ証券
1,240円
8.4億円
5,380円 333.9%
7049
識学
2019年2月22日
SMBC日興証券
1,800円
6.8億円
4,550円 152.8%
7081
コーユーレンティア
2020年2月7日
いちよし証券
1,890円
21.7億円
2,510円 32.8%
7082
ジモティー
2020年2月7日
大和証券
1,000円
14.6億円
2,300円 130%
6612
QDレーザ
2021年2月5日
SMBC日興証券
SBI証券
340円
53億円
797円 134.4%
9214
Recovery International
2022年2月3日
岡三証券
3,060円
19.3億円
2,640円 -13.7%

※騰落率={(初値価格-公開価格)÷公開価格}×100

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

昨年、年始一発目のIPOは初値が高騰しやすいというアノマリーがついに崩れてしまいました。

ただ、これはその前年の年末に7社同時上場などの無茶苦茶なスケジュールによって、IPOの地合いが冷え込んだことが大きく影響したと思います。

昨年を除けば概ね高いを初値を付けているので、普通の地合いなら年始一発目のIPOは初値が高騰しやすいというアノマリーはまだまだ通用しそうです。

なかでも、規模の小さいIPOは初値が高騰しているので、今年一発目の小型なテクノロジーズIPOも期待できそうですね。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング