jig.jp(5244)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の12月7日からスタートします。

jig.jpは誰でも気軽にライブ配信と視聴ができるライブ配信サービス「ふわっち」を運営しています。

jig.jpはコーチ・エィエージェント・インシュアランス・グループとの3社同時上場になりますが、その中では一番人気を集めそうですね。

jig.jp

jig.jp(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名jig.jp
コード5244(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SBI証券
楽天証券
岩井コスモ証券
極東証券
東海東京証券
マネックス証券
松井証券
上場日12月22日
仮条件決定日12月6日(310円~340円に決定)
ブックビルディング期間12月7日から12月13日
公開価格決定日12月14日(340円に決定)
申込期間12月15日から12月20日まで
公募57,000株
売出し3,238,400株
(国内:2,392,400株
海外:846,000株)
OA494,300株
吸収金額11.7億円
(国内:9.1億円
海外:2.6億円)
時価総額130.4億円
想定価格310円→公開価格:340円
初値価格476円

SMBC日興証券 オンライントレード

jig.jp(5244)IPOの事業内容

jig.jpは、ライブ配信事業としてライブ配信サービス「ふわっち」を提供しています。

「ふわっち」では、ライブ配信中に視聴者が使用するアイテムの販売が主な収益となっています。また、配信ユーザーは配信を盛り上げたことによる報酬として、ポイントを獲得することができます。(ポイントは現金へ交換可能)

ふわっちのビジネスモデル

「ふわっち」は、30~40代をメインユーザー層としており、かつアマチュアの配信ユーザー層がメインで配信するサービスであることから、各配信ユーザーのバックグラウンドが多種多様で配信内容に多様性があり、ユーザー層の裾野が幅広いことが特徴です。

ふわっちの強み

IPOによる手取金の使途

  1. 当社グループは主要事業であるライブ配信サービスの更なる拡大、収益の多様化のための企画・開発等において、 優秀な人材の採用・育成による体制強化が必要と認識しており、採用費及び人件費として充当

jig.jp(5244)IPOの業績

jig.jpの業績

(※画像クリックで拡大)

jig.jp(5244)IPOの業績は概ね好調に推移しているようです。

jig.jpのIPO評価

jig.jpはIPOラッシュ中の3社同時上場ですが、手の出しやすい価格で規模(吸収金額11.7億円)も小さく、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)への販売も予定されているため、それでも何とかこなせそうです。

また、ライブ配信サービス「ふわっち」もそれなりに知られているため、事業面でも関心を集めると思います。

ただし、jig.jpはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株の多さが懸念材料です。

よって、jig.jpのIPO評価はBが妥当だと考えています。jig.jp(5244)IPOは公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

jig.jp(5244)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

jig.jp(5244)IPOのBB(ブックビルディング)は積極的に参加するつもりです。

主幹事のSMBC日興証券はもちろんのこと、マネックス証券松井証券などの平幹事ももれなく申し込む予定です。

jig.jp(5244)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
極東証券 口座なし
東海東京証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
松井証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社