サンクゼール(2937)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の12月6日から開始されます。

サンクゼールは自社店舗として「サンクゼール」と「久世福商店」を展開しています。

サンクゼールはIPOラッシュ中というだけでなく、アイズnoteとの3社同時上場にもなるので、需給面に不安がありますね。

サンクゼール

サンクゼール(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名サンクゼール
コード2937(食料品)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SBI証券
みずほ証券
岡三証券
八十二証券
松井証券
楽天証券
岡三オンライン
上場日12月21日
仮条件決定日12月5日(1,600円~1,800円に決定)
ブックビルディング期間12月6日から12月12日
公開価格決定日12月13日(1,800円に決定)
申込期間12月14日から12月19日まで
公募1,200,000株
売出し1,410,000株
(国内:956,500株
海外:453,500株)
OA391,500株
吸収金額46.5億円
(国内:39.5億円
海外:7億円)
時価総額137億円
想定価格1,550円→公開価格:1,800円
初値価格2,201円

SMBC日興証券 オンライントレード

サンクゼールIPOの事業内容

サンクゼールは、全国各地の優れた逸品を探し出し、様々な販売チャネルを通じて販売していく、SPA(商品の企画、製造、販売まで行う小売業)事業を行っています。

サンクゼールは、「店舗(直営・FC)」「EC」「ホールセール」「グローバル」の4つの販売チャネルで事業を展開しています。

サンクゼールの事業概要

売り上げの70%以上を占める店舗事業では、ワイン、ジャム、パスタソース、ドレッシングなどを取扱っている「サンクゼール」と、だし、ご飯のお供、煎餅・おかき、珍味、和調味料、酒類などを取扱っている「久世福商店」を、施設年商150-500億円規模の商業施設を中心に出店しています。

また、自社店舗(FC含む)以外にも、大手食品卸企業や小売企業に対する卸販売、自社サイト及び楽天サイトを通じたEC事業(サンクゼール久世福商店楽天市場店)なども行っています。

IPOによる手取金の使途

  1. 設備投資
  2. 新店開業敷金・運転資金
  3. 当社本部社員の人件費
  4. 当社ブランディング及びマーケティング施策に関する費用、当社ホールセールチャネルの販売促進費
  5. 借入金の返済及び社債の償還

サンクゼールIPOの業績

サンクゼールの業績

(※画像クリックで拡大)

サンクゼールIPOの売上は堅調に推移しており、利益も急激に伸びていて好調そうです。

サンクゼールのIPO評価

サンクゼールは同時上場する3社の中で規模(吸収金額46.5億円)が一番大きいため、資金分散の影響を受けそうです。

また、食料品セクターはIPOで人気とは言えず、全体的に地味な印象は否めません。

ただ、自社ブランドの「サンクゼール」と「久世福商店」は知名度があり、業績も好調に推移していることはプラス要素です。

よって、サンクゼールのIPO評価はCが妥当だと考えています。サンクゼールIPOは公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サンクゼールIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

サンクゼールIPOのBB(ブックビルディング)は検討中です。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込むつもりです。

サンクゼールIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB検討中
野村證券 BB検討中
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB検討中
岡三証券 BB不参加
八十二証券 口座なし
松井証券 BB検討中
楽天証券 BB検討中
岡三オンライン BB検討中


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社