ジモティー(7082)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の1月23日から開始されます。

ジモティーは、CMでよく見かける地域の情報掲示板「ジモティー」を運営していることで関心を集めているようです。

ジモティーはコーユーレンティアとの同時上場ですが、今年のIPO第一弾で知名度も高いため、注目度も高そうですね。

ジモティー

ジモティー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ジモティー
コード7082
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
松井証券
いちよし証券
上場日2月7日
仮条件決定日1月22日(960円~1,000円に決定)
ブックビルディング期間1月23日から1月29日まで
公開価格決定日1月30日(1,000円に決定)
申込期間1月31日から2月5日まで
公募50,000株
売出し1,220,700株
OA190,600株
吸収金額14億円
時価総額54.2億円
想定価格960円→公開価格:1,000円
初値価格2,300円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

ジモティーIPOの事業内容

ジモティーは、地元で情報を探す人と情報を発信したい人をマッチングさせるクラシファイドサイト「ジモティー」を運営しています。

クラシファイドサイトとは、地域や目的によって分類された募集広告を一覧形式で掲載する広告媒体の一つであり、誰でも手軽に広告を投稿できる点が特徴です。

また、「ジモティー」は掲載料や成約料等の手数料は全て無料となっており、個人・法人を問わず誰でも手軽に広告を投稿できるサービスになっています。

ジモティーは、広告がクリックされた回数や表示された回数等に応じて売上を計上する自動配信売上、ユーザーが希望する機能を有償販売する機能課金、ユーザーのアクションの発生件数に応じて売上を計上する成果報酬など、主に広告枠の提供による売上を計上しています。

ジモティーのビジネスモデル

ジモティーのビジネスモデル

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 本社オフィス移転費用
  2. 社内基幹システム構築
  3. サーバー費用
  4. 人材採用費及び人件費等

ジモティーIPOの業績

ジモティーの業績

(※画像クリックで拡大)

ジモティーIPOの売上は右肩上がりで伸びていて、利益も黒字転換しているので、今後が楽しみですね。

ジモティーのIPO評価

ジモティーはコーユーレンティアとの同時上場ですが、さほど規模(吸収金額14億円)は大きくなく、知名度も高いため、それでもそれなりの人気を集めると思います。

ただ、ジモティーは、公募株(50,000株)に対して売出株(1,220,700株)が非常に多く、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多い点が気になります。

しかし、年初一発目のIPOは初値が跳ねやすく、価格も手ごろなので、それでも良い初値が期待できそうです。

よって、ジモティーのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ジモティーIPOは、公開価格の2倍を上回る高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ジモティーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ジモティーIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込む予定です。主幹事の大和証券をはじめ、SBI証券松井証券などの平幹事もしっかりと申し込みたいと思います。

ジモティーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
松井証券 BB参加
いちよし証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング