霞ヶ関キャピタル(3498)IPOの新規上場が承認されました。霞ヶ関キャピタルIPOは、11月28日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、霞ヶ関キャピタルIPOの主幹事は、みずほ証券が務めることになっています。ようやく11月2銘柄目となるIPOが新規承認されました。

11月は、アクセスグループ・ホールディングスIPOだけなのかと心配していたので良かったです。明日も滑り込みで新規承認されてほしいですね。

霞ヶ関キャピタル

霞ヶ関キャピタル(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名霞ヶ関キャピタル
コード3498
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券
松井証券
上場日11月28日
仮条件決定日11月7日(3,000円~3,240円に決定)
ブックビルディング期間11月9日から11月15日まで
公開価格決定日11月16日(3,240円に決定)
申込期間11月19日から11月22日まで
公募135,000株
売出し0株
OA20,000株
吸収金額5.7億円
時価総額49.2億円
想定価格3,660円→公開価格:3,240円
初値価格初値決定後に追記


霞ヶ関キャピタルIPO幹事のSMBC日興証券

霞ヶ関キャピタルIPOの概要

霞ヶ関キャピタルIPOは、太陽光を中心に風力・バイオマスなどの自然エネルギーによる発電事業およびその管理・運営ならびに電気の供給、販売等に関する業務を展開しています。

また、霞ヶ関キャピタルIPOは不動産コンサルティング事業や、ショッピングセンターの運営事業なども行っています。

霞ヶ関キャピタルIPOは、吸収金額が想定価格ベースで5.7億円と小さいため、需給面で注目されると思います。

また、霞ヶ関キャピタルIPOは直近のアクセスグループ・ホールディングスIPOから約3週間空けての新規上場という点も追い風になりそうです。

ただ、不動産事業は不祥事続きで印象が悪く、太陽光発電も今さらといった感じなので、事業的にはイマイチですね。

霞ヶ関キャピタルIPOで注目の幹事証券

主幹事のみずほ証券はもちろんのこと、IPO取扱銘柄数でトップを競い合っているSMBC日興証券SBI証券も要注目です。


SBI証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

霞ヶ関キャピタルIPOのその他情報はこちら

霞ヶ関キャピタルIPOの初値予想

霞ヶ関キャピタルIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月7日以降)に追記させていただきます。

6,500円 (想定価格比:+2,840円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:5,000円~6,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,000円~8,600円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社