KIYOラーニング(7353)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(6月30日)から始まります。KIYOラーニングは、オンラインでの資格講座や社員研修を行っている企業です。

KIYOラーニングは、アイキューブドシステムズGMOフィナンシャルゲートとの3社同時上場になりますが、今のところ地合いが良く、その後のIPOとも間隔が空いているため、注目度は高くなりそうですね。

KIYOラーニング

KIYOラーニング(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名KIYOラーニング
コード7353(サービス業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
楽天証券
auカブコム証券
上場日7月15日
仮条件決定日6月29日(2,070円~2,300円に決定)
ブックビルディング期間6月30日から7月6日まで
公開価格決定日7月7日(2,300円に決定)
申込期間7月8日から7月13日まで
公募300,000株
売出し40,200株
OA51,000株
吸収金額7.7億円
時価総額42.5億円
想定価格1,980円→公開価格:2,300円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

KIYOラーニングIPOの事業内容

KIYOラーニングは、10年以上に渡って蓄積してきた、人や組織の「学習」を変革する「ラーニング・テクノロジー」を基盤としながら、主に個人向けのSTUDYing(スタディング)事業と、法人向けのAirCourse(エアコース)事業を展開しています。

KIYOラーニングの事業展開

主要サービスである「STUDYing(スタディング)」では、「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」をコンセプトに、ビジネス・経営、法律、会計・金融、ビジネススキルなど、ビジネスパーソンに人気がある資格を中心とした講座ラインナップを展開しています。

AirCourse(エアコース)」では、社員教育クラウドサービス「エアコース」や、教育動画制作サービス等の、人材育成ソリューションを提供しています。

エアコースはクラウドサービスなので、スマートフォンさえあればどこでもコースを受講することが可能なだけでなく、各種の社員教育コースを好きなだけ受講することができるサービスになっています。

KIYOラーニングIPOの事業系統図

KIYOラーニングの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 当社サービス「スタディング」及び「エアコース」に係るシステムに関して、ユーザー利便性の向上を目的としたシステム開発等の設備投資資金
  2. 人材基盤を拡張するための人材採用費及び増加人件費
  3. 運転資金として調達した借入金の返済資金
  4. 当社サービス「スタディング」の認知度アップ及びエンドユーザーの獲得を目的とした広告宣伝費の一部として充当

KIYOラーニングIPOの業績

KIYOラーニングの業績

(※画像クリックで拡大)

KIYOラーニングIPOの売上は理想的な右肩上がりですが、業績はまだ赤字なので、今後に期待といった感じですね。

KIYOラーニングのIPO評価

KIYOラーニングは3社同時上場ですが、吸収金額は3社合わせても25億円程度なので、今の地合いなら難なくこなせると思います。

また、KIYOラーニングは新型コロナウイルスによる「新しい生活様式」にマッチしたオンライン学習事業を展開しており、EdTech(教育(Education)× テクノロジー(Technology))というテーマ性でも注目されそうです。

よって、KIYOラーニングのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。KIYOラーニングIPOは、今のところ公開価の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

KIYOラーニングIPOのその他情報はこちら

KIYOラーニングIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

KIYOラーニングIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で申し込む予定です。主幹事のSMBC日興証券はもちろんのこと、平幹事のSBI証券や、委託幹事のauカブコム証券なども、もれなく申し込むつもりです。

KIYOラーニングIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB参加
auカブコム証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング