JDSC(4418)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の12月3日から始まります。JDSCは東京大学発のAI企業として話題になっています。

ただ、JDSCはIPOラッシュ中の3社同時上場で、規模もやや大きいのが懸念材料ですね。

JDSC

JDSC(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名JDSC
コード4418(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
マネックス証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
岡三証券
岡三オンライン証券
auカブコム証券
上場日12月20日
仮条件決定日12月2日(1,620円~1,680円に決定)
ブックビルディング期間12月3日から12月9日
公開価格決定日12月10日
申込期間12月13日から12月16日まで
公募400,000株
売出し2,040,000株
OA366,000株
吸収金額45.5億円
時価総額207.5億円
想定価格1,620円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]

JDSC(4418)IPOの事業内容

JDSCは東京大学の大学院工学系研究科の教授らをを顧問または社外取締役として招聘し、技術的な知見から助言を得ながらAI(人口知能)関連のサービスやソリューションを提供しています。

JDSCの特徴

(※画像クリックで拡大)

JDSCは需要予測ソリューション「demand insight」をはじめ、、マーケティング最適化ソリューションやデータ基盤構築ソリューションなどのサービスを提供しています。

JDSCのAIソリューション

(※画像クリックで拡大)

また、JDSCは高い技術力を有するメンバーとビジネス領域に知見を有するチームが、AIによる解決策の提示から実行までを一気通貫で支援しています。

JDSCのビジネス

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 新規顧客開拓やプロダクト開発への人件費
  2. 新規プロダクト創出のための研究開発費
  3. 事業拡大に伴って増加する通信費

JDSC(4418)IPOの業績

JDSCの業績

(※画像クリックで拡大)

JDSCの売上は急激に伸びていて、利益も黒字転換しているので、今後に期待できそうですね。

JDSCのIPO評価

JDSCはグローバルセキュリティエキスパートHYUGA PRIMARY CAREとの3社同時上場で、規模(吸収金額45.5億円)もやや大きいため、需給面に不安があります。

ただ、JDSCは欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)への販売も予定されているため、海外での人気次第で状況も変わりそうです。

また、JDSCはIPOで人気のAI(人口知能)関連事業を展開していて、東大発というネームバリューもあるため、事業面で注目されると思います。

よって、JDSCのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。JDSCのIPOは公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

JDSC(4418)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

JDSC(4418)IPOのBB(ブックビルディング)は全力で参加するつもりです。共同主幹事の大和証券SBI証券はもとより、SMBC日興証券マネックス証券などの平幹事も全て申し込む予定です。

JDSC(4418)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
野村證券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
岡三証券 BB参加
auカブコム証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング