ランドネット(2991)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の7月6日から始まります。ランドネットは不動産の資産運用コンサルティングを行う総合不動産商社です。

ランドネットは、7月に新規上場するIPOの中で一番の値がさなので、地合いが良ければそれなりの利益を得られるかもしれませんね。

ランドネット

ランドネット(ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名ランドネット
コード2991(不動産業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
野村證券
楽天証券
水戸証券
マネックス証券
松井証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
auカブコム証券
上場日7月21日
仮条件決定日7月5日(3,680円~3,830円に決定)
ブックビルディング期間7月6日から7月12日
公開価格決定日7月13日(3,830円に決定)
申込期間7月14日から7月19日まで
公募284,000株
売出し73,000株
OA53,500株
吸収金額15.1億円
時価総額52.6億円
想定価格3,680円→公開価格:3,830円
初値価格5,320円

SMBC日興証券 オンライントレード

ランドネットIPOの事業内容

ランドネットは、中古不動産を自社グループで買い取り、不動産業者や投資家等に販売する不動産売買事業を展開しています。

ランドネットは、自社データベースから市場における不動産の最適な価格を割り出して販売に取り組んでいます。

また、ランドネットは不動産の修繕工事、リノベーションによる部屋の再生、内装工事、ユニットバス・システムキッチンなどの設備類の刷新、間取りの変更なども積極的に不動産購入者に提案しています。

ランドネットの不動産業務

(※画像クリックで拡大)

ランドネットは、不動産賃貸管理事業として不動産売買事業にて販売及び仲介した顧客を含めた不動産所有者から賃貸管理業務を受託しています。

さらに、自社が賃貸管理業務を受託した賃貸用不動産における貸借人の家賃滞納保証も行っています。

ランドネットIPOの事業系統図

ランドネットの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 販売用不動産の取得費用
  2. 賃貸収入の獲得を目的とした収益不動産の取得資金
  3. 業務効率化を目的とした社内基幹システムであるRCP(リアルエステート・クラウド・プラットフォーム)等へのシステム開発投資
  4. 不動産売買、仲介に係る営業部門の人材、専門性を有した管理部門の人材の増強のための人件費及び人材採用関連費
  5. 取扱不動産の更なる拡充及び、国内におけるサービス基盤強化の為の支店及び本店造作設備工事資金に関わる設備投資資金

ランドネットIPOの業績

ランドネットの業績

(※画像クリックで拡大)

ランドネットIPOの売上は右肩上がりで伸びていて、利益も概ね堅調に推移しているようです。

ランドネットのIPO評価

ランドネットは、規模(吸収金額15.1億円)がそれほど大きくなく、値がさだけに当選枚数も少なめなので、需給面はまずまずだと思います。

ただ、ランドネットはジャスダックIPOで、不動産関連事業も目新しさに欠けるため、全体的には地味な印象です。

よって、ランドネットのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。ランドネットIPOは、公開価格をある程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ランドネットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ランドネットIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。主幹事のSMBC日興証券だけでなく、SBI証券マネックス証券などにも申し込む予定です。

ランドネットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
野村證券 BB参加
楽天証券 BB参加
水戸証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
松井証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
auカブコム証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング