リベロ(9245)IPOの新規上場が承認されました。リベロIPOは、9月28日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、リベロIPOの主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。

リベロIPOは、先ほどご紹介したデジタリフトIPOとの同時上場になります。9月のIPOも出揃ってきた感じですね。

リベロ

リベロ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名リベロ
コード9245(サービス業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SBI証券
いちよし証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
東海東京証券
あかつき証券
auカブコム証券
上場日9月28日
仮条件決定日9月8日(1,250円~1,400円に決定)
ブックビルディング期間9月9日から9月15日
公開価格決定日9月16日(1,400円に決定)
申込期間9月17日から9月24日まで
公募478,000株
売出し0株
OA71,700株
吸収金額9.2億円
時価総額88.3億円
想定価格1,680円→公開価格:1,400円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
リベロIPO主幹事のSMBC日興証券

リベロIPOの概要

リベロIPOは、新生活を迎える人とサービスを提供する事業者の課題を解決する新生活サービスプラットフォームとして、法人向けに「転勤ラクっとNAVI」や「ヘヤワリ」などを運営しています。

また、リベロIPOは個人向けに「引越しラクっとNAVI」や、主に引越会社向けに「HAKOPLA」なども運営しています。

リベロIPOは公募株のみで規模(吸収金額9.2億円)も小さいため、需給面で人気を集めそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

リベロIPOの幹事団は、主幹事のSMBC日興証券をはじめ、IPOでお馴染みのSBI証券楽天証券などの9社で構成されています。


楽天証券のIPOは100%平等抽選

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

リベロIPOの初値予想

リベロIPOの初値予想は、仮条件決定後(9月8日以降)に追記させていただきます。

2,400円 (想定価格比:+720円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,000円~2,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,500円~1,800円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社