ヌーラボ(5033)IPOのBB(ブックビルディング)が来週の6月13日からスタートします。

ヌーラボは企業や個人の生産性を向上させるために、クラウドベースのソフトウェアサービスを提供しています。

ヌーラボはM&A総合研究所との同時上場で、規模もやや大きいため、資金分散の影響が気掛かりですね。

ヌーラボ

ヌーラボ(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名ヌーラボ
コード5033(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)マネックス証券
西日本シティTT証券
SBI証券
上場日6月28日
仮条件決定日6月10日(960円~1,000円に決定)
ブックビルディング期間6月13日から6月17日
公開価格決定日6月20日(1,000円に決定)
申込期間6月21日から6月24日まで
公募510,300株
(国内:374,200株
海外:136,100株)
売出し1,429,000株
(国内:1,047,700株
海外:381,300株)
OA290,800株
吸収金額47.5億円
(国内:36.5億円
海外:11億円)
時価総額137.4億円
想定価格2,130円→公開価格:1,000円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

ヌーラボIPOの事業内容

ヌーラボは「チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくする」というミッションを掲げ、企業や個人の生産性を向上させるべくクラウドサービス事業を展開しています。

プロジェクト管理ツールの「Backlog」は、チームで協力しながら作業を進めるためのコラボレーション型プロジェクト管理ツールであり、主にSaaS型で提供しています。

ビジュアルコラボレーションツールの「Cacoo」は、プロジェクトのアイデアやウェブサイトのレイアウト、作業計画などをオンライン上で簡単に作成し、チーム内に共有できるウェブサービスです。

ビジネスチャットツール「Typetalk」は、「組織に新しいアイデアを生み出す」をコンセプトに、様々なチームの会話を実現するビジネスチャットツールです。

Nulab Pass」はヌーラボ製品(Backlog・Cacoo・Typetalk)のセキュリティとアカウント管理を強化するツールです。

ヌーラボのサービスは、ワークフローのすべてのステップにおいて、チーム全体をサポートしています。

ヌーラボのサービス

ヌーラボIPOの事業系統図

ヌーラボの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 当社サービスの認知度及びブランドイメージの向上や新規顧客獲得を目的としセールス・マーケティング活動及びそのための各種コンテンツ制作のための広告宣伝費及び外注費
  2. 当当社グループの人件費及び新規採用に係る採用費

ヌーラボIPOの業績

ヌーラボの業績

(※画像クリックで拡大)

ヌーラボIPOの売上は右肩上がりで伸びていますが、利益はようやく黒字化といったところですね。

ヌーラボのIPO評価

ヌーラボは欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダ除く)への販売も予定されています。

しかし、ヌーラボは規模(吸収金額47.5億円)が大きくて売出株やVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多く、M&A総合研究所との同時上場でもあるため、それでも需給面に不安があります。

ただ、ヌーラボはSaaSクラウドというテーマ性があるため、事業面で関心を集めるかもしれません。

よって、ヌーラボのIPO評価はDが妥当だと考えています。ヌーラボIPOは今のところ公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ヌーラボIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ヌーラボIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込むつもりです。

ヌーラボIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 マネックス証券
西日本シティTT証券
SBI証券

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング