坪田ラボ(4890)IPOの仮条件が決まっています。坪田ラボIPOは黒字のバイオベンチャーということで関心を集めているようです。

また、同時上場するはずだったウェルネス・コミュニケーションズIPO上場中止になったことも追い風になりそうですね。

坪田ラボ

坪田ラボIPOの関連記事

坪田ラボIPOの新規上場を承認!SMBC日興証券が主幹事

坪田ラボIPOのBBスタンスとIPO評価!医薬品IPO

坪田ラボIPOの仮条件

450円~470円

坪田ラボIPOの仮条件は、想定価格の450円を下限に上方へ少しだけ拡げて設定されています。坪田ラボは当初からまずまずの評価を得ていたので、無難な仮条件だと思います。

ちなみに、坪田ラボIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は19.9億円から20.8億円にアップします。

SMBC日興証券 オンライントレード
坪田ラボIPO主幹事のSMBC日興証券

坪田ラボIPOの初値予想

600円 (想定価格比:+150円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:550円~650円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:520円~620円)

坪田ラボIPOは3社同時上場というだけでなく、海外への販売も予定されているとはいえ、規模(吸収金額20.8億円)も小さくないため、需給面に不安があります。

ただ、坪田ラボIPOはわりと身近な近視、ドライアイ、老眼の新たな治療法の開発を目指しており、業績もバイオベンチャーにしては珍しく黒字なので、事業面で一定の評価を得られそうです。

よって、坪田ラボIPOは仮条件上限の約1.3倍に当たる600円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

坪田ラボIPOの幹事団

坪田ラボIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 SBI証券
みずほ証券
三田証券
極東証券
楽天証券
マネックス証券
岡三オンライン

坪田ラボIPOは価格が安いだけに当選枚数もそれなりにあるので、なるべく多くの幹事証券に申し込んで当選を狙いたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社