ジャパンワランティサポート(7386)IPOの仮条件が決まっています。ジャパンワランティサポートIPOは親子上場で事業内容も地味なため、あまり注目されていません。

また、ジャパンワランティサポートはホームポジションウェルネス・コミュニケーションズ坪田ラボとの4社同時上場というもの懸念材料です。

ジャパンワランティサポート

ジャパンワランティサポートIPOの関連記事

ジャパンワランティサポートIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

ジャパンワランティサポートIPOのBBスタンスとIPO評価!住宅設備の保証IPO

ジャパンワランティサポートIPOの仮条件

1,500円~1,640円

ジャパンワランティサポートIPOの仮条件は、想定価格の1,640円を上限に下方へ大幅に拡げたレンジになっています。

ちなみに、ジャパンワランティサポートIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は12.1億円になります。

マネックス証券
マネックス証券のIPOは100%平等抽選

ジャパンワランティサポートIPOの初値予想

1,600円 (想定価格比:-40円)

(※大手予想会社の初値予想:1,800円~2,100円)

↓(上場直前の初値予想)

1,650円 (公開価格比:+10円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,300円)

ジャパンワランティサポートIPOはどちらかと言えば小型(吸収金額12.1億円)で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もありません。

しかし、ジャパンワランティサポートIPOは4社同時上場というだけでなく、IPOで敬遠されがちな親子上場ジャパンベストレスキューシステム(2453)の子会社)なので、それでも需給面に不安があります。

また、住宅設備機器の延長保証事業も新鮮味に欠けるため、事業面で関心を集めるのも難しそうです。

よって、ジャパンワランティサポートIPOは公開価格をやや割れたところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ジャパンワランティサポートIPOの幹事団

ジャパンワランティサポートIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 大和証券
野村證券
東海東京証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券

ジャパンワランティサポートIPOの幹事団は、ネットから申し込める証券会社ばかりなので、当選を狙うなら幅広く申し込むのがベストだと思います。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社