メイホーホールディングス(7369)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の5月18日から始まります。

メイホーホールディングスは、主に建築関連サービスを展開している企業です。メイホーホールディングスは6月のIPO第一弾として注目されそうですね。

メイホーホールディングス

メイホーホールディングス(東証マザーズ及び名証セントレックスIPO)のIPO基本情報

銘柄名メイホーホールディングス
コード7369(サービス業)
主幹事証券東海東京証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SMBC日興証券
SBI証券
岡三証券
安藤証券
水戸証券
岡三オンライン証券
上場日6月2日
仮条件決定日5月17日(1,710円~2,080円に決定)
ブックビルディング期間5月18日から5月24日
公開価格決定日5月25日(2,080円に決定)
申込期間5月26日から5月31日まで
公募300,000株
売出し104,000株
OA60,600株
吸収金額7.8億円
時価総額25.1億円
想定価格1,670円→公開価格:2,080円
初値価格4,630円

SMBC日興証券 オンライントレード

メイホーホールディングスIPOの事業内容

メイホーグループは、持株会社として経営指導等の経営管理を行う自社(メイホーホールディングス)及び子会社13社(2021年3月末時点)で構成されており、建設関連サービス事業人材関連サービス事業建設事業及び介護事業を展開しています。

メイホーホールディングスのグループ体制

建設関連サービス事業では、国及び地方公共団体を主な顧客として、交通量等の各種調査、設計、測量、補償コンサルタント、公共工事の施工管理等を行う発注者支援の建設コンサルタント業務などを提供しています。

メイホーホールディングスの建設関連サービス事業

人材関連サービス事業では、日本国内において技術者派遣や製造業派遣を主要事業として行っています。また、警備事業や、カンボジアにおいて日本で受託した図面作成等業務をアウトソーシング先として受ける事業も展開しています。

メイホーホールディングスの人材関連サービス事業

建設事業では、国及び地方公共団体を主な顧客として、建設工事、国道維持管理工事、緑化及び法面工事などを行っています。

メイホーホールディングスの建設事業

介護事業では、通所介護(デイサービス)、認知症対応型通所介護(認知症専用デイサービス)、居宅介護支援事業所(ケアマネ事業所)などのサービスを提供しています。

メイホーホールディングスの介護事業

IPOによる手取金の使途

  1. 当社の事業拡大を見据えた広告宣伝費、人件費、その他及び長期借入金の返済に充当

メイホーホールディングスIPOの業績

メイホーホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

メイホーホールディングスIPOの業績は、概ね好調に推移しているようですね。

メイホーホールディングスのIPO評価

メイホーホールディングスは、約1カ月の空白期間を経ての6月のIPO第一弾で、規模(吸収金額7.8億円)も小さくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もないため、需給面は良好だと思います。

ただ、建設関連事業はIPOで人気とは言えず、やや地味な印象は否めません。

よって、メイホーホールディングスのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。メイホーホールディングスIPOは、公開価格の1.5倍~2倍程度で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

メイホーホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

メイホーホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。

主幹事の東海東京証券をはじめ、SMBC日興証券SBI証券などの平幹事もしっかりと申し込むつもりです。

メイホーホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
東海東京証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 口座なし
岡三証券 BB参加
安藤証券 口座なし
水戸証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社