オープンワーク(5139)IPOの新規上場が承認されました。オープンワークIPOは12月16日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、オープンワークIPOの主幹事は野村證券が務めることになっています。

オープンワークはすでに新規承認されているRebaseフーディソンとの3社同時上場になります。

オープンワーク

オープンワーク(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名オープンワーク
コード5139(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
マネックス証券
アイザワ証券
岩井コスモ証券
岡三証券
松井証券
丸三証券
LINE証券
岡三オンライン
上場日12月16日
仮条件決定日11月29日(2,920円~3,150円に決定)
ブックビルディング期間12月1日から12月7日
公開価格決定日12月8日
申込期間12月9日から12月14日まで
公募500,000株
売出し626,900株
OA169,000株
吸収金額37.8億円
時価総額150億円
想定価格2,920円
初値価格初値決定後に追記

マネックス証券
オープンワークIPO幹事のマネックス証券

オープンワークIPOの概要

オープンワークIPOは、国内最大級の社員クチコミ数を有する転職・就職のための情報プラットフォーム「OpenWork」を開発・運営しています。

OpenWorkでは、実際に働いた経験に基づく「社員の声」を参考に、「働きがい」を得られる企業や求人の検索やリサーチを行うことができます。

また、オープンワークIPOは自社の社員の働きがいを採用力に変えることができる、企業向け採用支援サービス「OpenWorkリクルーティング」も運営しています。

ちなみに、オープンワークIPOはリンクアンドモチベーション(2170)の子会社なので親子上場になります。

オープンワークIPOは3社同時上場で規模(37.8億円)もやや大きいため、資金分散の影響が気になりますが、事業面で関心を集めるかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

オープンワークIPOの幹事団は主幹事の野村證券をはじめ、マネックス証券松井証券などの8社で構成されています。


松井証券のIPOは前受金不要(事前入金不要)

また、岡三証券が幹事団入りしているので、岡三オンラインも委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

オープンワークIPOの初値予想

オープンワークIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月29日以降)に追記させていただきます。

3,300円 (想定価格比:+380円)

(※大手予想会社の初値予想:3,300円~3,600円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社