オムニ・プラス・システム・リミテッド(7699)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の6月10日から始まります。

オムニ・プラス・システム・リミテッドは、エンジニアリング・プラスチック(耐熱性の高いプラスチック)の製造・販売をしている企業です。

オムニ・プラス・システム・リミテッドは、2017年9月に新規上場したテックポイント・インク(6697)以来となるJDR(有価証券信託受益証券)の外国株IPOになります。

オムニ・プラス・システム・リミテッド

オムニ・プラス・システム・リミテッド(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名オムニ・プラス・システム・リミテッド
コード7699(卸売業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
岡三証券
上場日6月29日
仮条件決定日6月9日(940円~960円に決定)
ブックビルディング期間6月10日から6月16日
公開価格決定日6月17日(960円に決定)
申込期間6月18日から6月23日まで
公募880,000口
売出し0口
OA132,000口
吸収金額9.6億円
時価総額198.8億円
想定価格950円→公開価格:960円
初値価格1,510円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

オムニ・プラス・システム・リミテッドIPOの事業内容

オムニ・プラス・システム・リミテッドは、シンガポールを拠点として、エンジニアリング・プラスチックのトータル・サプライチェーン・ソリューションを展開しています。

オムニ・プラス・システム・リミテッドIPOの事業系統図

オムニ・プラス・システム・リミテッドの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

オムニ・プラス・システム・リミテッドは、お客様の製品ライフサイクルの初期段階である材料の研究開発から部品の量産プロセスまでを継続的にフォローしています。

オムニ・プラス・システム・リミテッドの研究開発能力

(※画像クリックで拡大)

オムニ・プラス・システム・リミテッドの最大の強みは、本社(シンガポール)に隣接するエンジニアリング・センターを中⼼とした研究開発能⼒にあり、お客様の試作モデルを短納期で提供しています。

オムニ・プラス・システム・リミテッドの強み

(※画像クリックで拡大)

オムニ・プラス・システム・リミテッドはシンガポール政府からの多⾯的なサポートを受けており、シンガポール企業庁(ESG)からは、⾼成⻑の可能性のある企業として認められています。

オムニ・プラス・システム・リミテッドとシンガポール政府とのパートナーシップ

(※画像クリックで拡大)

また、オムニ・プラス・システム・リミテッドは株主である伊藤忠グループとの協業によって、伊藤忠グループの広範なネットワークを活⽤しています。

オムニ・プラス・システム・リミテッドと伊藤忠グループとの協業

(※画像クリックで拡大)

オムニ・プラス・システム・リミテッドのの主⼒製品であるエンジニアリングプラスチック(エンプラ)は、情報通信技術(IT&C(5G))、自動車(EV)、建築&建設(C&B)の3つの分野において、需要の高まりが想定されます。

オムニ・プラス・システム・リミテッドの中長期戦略

(※画像クリックで拡大)

オムニ・プラス・システム・リミテッドは、環境問題への取り組みも重要な経営課題と認識しており、廃棄物回収やリサイクル技術を活⽤した使⽤済リサイクル素材の開発や、プラスチック代替材料の開発をグループ内だけでなく、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)と共同で行っています。

IPOによる手取金の使途

  1. 原材料仕入に係る運転資金に充当

オムニ・プラス・システム・リミテッドIPOの業績

オムニ・プラス・システム・リミテッドの業績

(※画像クリックで拡大)

オムニ・プラス・システム・リミテッドIPOの業績は概ね堅調に推移していますね。

オムニ・プラス・システム・リミテッドのIPO評価

オムニ・プラス・システム・リミテッドは、IPOラッシュ終盤での4社同時上場ですが、規模(吸収金額9.6億円)が小さいので、それでも何とかこなせそうです。

また、オムニ・プラス・システム・リミテッドは一般的なIPOとは異なるJDR(有価証券信託受益証券)ですが、同様のテックポイント・インクは良い初値(公開価格650円→初値1,072円)を付けたので、あまり気にする必要はないと思います。

さらに、エンジニアリング・プラスチック(エンプラ)事業はIPO的に地味ですが、サステナブルというテーマ性や環境問題に取り組んでいる点で関心を集めそうです。

よって、オムニ・プラス・システム・リミテッドのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。オムニ・プラス・システム・リミテッドIPOは、公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

オムニ・プラス・システム・リミテッドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

オムニ・プラス・システム・リミテッドIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。

主幹事のみずほ証券をはじめ、平幹事のSBI証券岡三証券も申し込むつもりです。

オムニ・プラス・システム・リミテッドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社