オキサイド(6521)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の3月18日から始まります。

オキサイドは、経済産業省の「グローバルニッチトップ100選」に選ばれたこともあるベンチャー企業です。

オキサイドは4月のIPO第一弾で、直近のIPOとも数日空けての新規上場になるため、スケジュールには恵まれていますね。

オキサイド

オキサイド(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名オキサイド
コード6521(電気機器)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
楽天証券
マネックス証券
極東証券
水戸証券
SBI証券
岡三証券
岩井コスモ証券
岡三オンライン証券
上場日4月5日
仮条件決定日3月16日(2,480円~2,800円に決定)
ブックビルディング期間3月18日から3月24日まで
公開価格決定日3月25日(2,800円に決定)
申込期間3月26日から3月31日まで
公募750,000株
売出し332,900株
OA162,400株
吸収金額30.9億円
時価総額112.4億円
想定価格2,480円→公開価格:2,800円
初値価格6,540円

SMBC日興証券 オンライントレード

オキサイドIPOの事業内容

オキサイドは、単結晶・レーザのグローバルニッチトップカンパニーを目指し、光計測・新領域事業半導体事業ヘルスケア事業の3つの事業を展開しています。

光計測・新領域事業では、国内外の光計測機器/光学製品メーカー及び大学等研究機関に向けて、単結晶・光部品(光デバイス)・レーザ光源・光学測定装置を開発・製造・販売しています。

オキサイドの光計測・新領域事業

半導体事業では、半導体ウエハの検査装置メーカー向けに、単結晶とレーザの開発・製造・販売を行っています。

ヘルスケア事業では、がんの診断に使用されるPET検査装置に搭載されるシンチレータ単結晶の開発・製造・販売を行っています。

オキサイドのヘルスケア事業

IPOによる手取金の使途

  1. 設備資金に充当

オキサイドIPOの業績

オキサイドの業績

(※画像クリックで拡大)

オキサイドIPOの業績は、ややバラついているものの、概ね堅調に推移しているようです。

オキサイドのIPO評価

オキサイドは、吸収金額が想定価格ベースで30.9億円とやや大きく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もそれなりあります。

しかし、オキサイドはマザーズへの単独上場というだけでなく、4月最初のIPOでもあるので、それでも需給面はまずまずだと思います。

また、光学関連事業はIPO的に地味ですが、経済産業省の「グローバルニッチトップ100選」に選ばれるだけあって、技術力の高さが魅力のニッチ企業といった印象なので、事業面でも一定の評価を得られそうです。

よって、オキサイドのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。オキサイドIPOは、公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

オキサイドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

オキサイドIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ積極的に参加する予定です。主幹事の野村證券はもとより、SMBC日興証券マネックス証券などの平幹事ももれなく申し込むつもりです。

オキサイドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
楽天証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
極東証券 口座なし
水戸証券 口座なし
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社