ペットゴー(7140)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。ペットゴーIPOはとにもかくにも規模が小さいため、需給面で期待度がアップしているようです。

ペットゴーIPOはクリアルIPOとの同時上場ですが、どちらもまずまずの評価を得ているので、どちらか一方でも当選して良い形で4月を終えたいですね。

ペットゴー

ペットゴーIPOの過去記事

ペットゴーIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

ペットゴーIPOのBBスタンスとIPO評価!ペットヘルスケアIPO

ペットゴーIPOの初値予想!仮条件はやや強気

ペットゴーIPOの配分数

ペットゴーIPOの配分数(割当数)は、主幹事のみずほ証券約85%を占めていますが、それでも当選枚数は少なめなので、かなりの競争率になりそうです。

また、平幹事の中では100%平等抽選の楽天証券松井証券などならチャンスがありそうです。

ペットゴーIPOの配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
みずほ証券 (主幹事) 537,200株 85.3% 537枚 A
大和証券 27,800株 4.4% 28枚
SBI証券 22,600株 3.6% 102枚 B
楽天証券 22,600株 3.6% 226枚 B
松井証券 19,800株 3.1% 198枚 B
マネックス証券 ?株 ?% ?枚
合計 630,000株 100% 1,091枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村


楽天証券のIPOは100%平等抽選

ペットゴーIPOのBB(ブックビルディング)は明日(4月19日)が締切日なので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、お早めに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング