Retty(7356)IPOのBB(ブックビルディング)が、10月15日からスタートします。Rettyは、実名口コミ数No.1のグルメサイト「Retty」を運営していることで注目されているようです。

Rettyは10月最後のIPOで、今のところその後のIPOも新規承認されていないため、スケジュールにも恵まれていますね。

Retty

Retty(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Retty
コード7356(サービス業)
主幹事証券大和証券
SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
野村證券
みずほ証券
岩井コスモ証券
いちよし証券
エース証券
上場日10月30日
仮条件決定日10月13日(1,150円~1,180円に決定)
ブックビルディング期間10月15日から10月21日まで
公開価格決定日10月22日(1,180円に決定)
申込期間10月23日から10月28日まで
公募200,000株
売出し4,618,600株
OA722,700株
吸収金額63.7億円
時価総額124.3億円
想定価格1,150円→公開価格:1,180円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

Retty(レッティ)IPOの事業内容

Rettyは、ユーザーの実名に基づく飲食店オススメ口コミ情報及び全国の飲食店情報等を蓄積した実名型グルメプラットフォーム「Retty」を運営しています。

また、Rettyは「Retty」の運営をベースにしながら、「Fun Relationship Management(FRM)」、「広告コンテンツ」の2つのサービスを展開しています。

「Fun Relationship Management(FRM)」は、「Retty」を通じてオンラインでの販促を提供することで、飲食店から毎月定額のサービス利用料収入を得るサブスクリプション型のビジネスモデルになっています。

広告コンテンツでは、「Retty」を活用してタイアップ広告収入、広告掲載収入、送客手数料収入を得ています。

Rettyのサービス

IPOによる手取金の使途

  1. 事業拡大に向けた人件費及び採用費用
  2. 有料店舗増加に向けた代理店の体制構築への投資
  3. 新商品の開発に向けた投資
  4. 海外事業に向けた投資

Retty(7356)IPOの業績

Rettyの業績

(※画像クリックで拡大)

Rettyの売上は右肩上がりで伸びており、利益も黒字転換しているので、今後に期待できそうですね。

RettyのIPO評価

Rettyは、マザーズにしては規模(吸収金額63.7億円)が大きく、売出株(200,000株)に対して公募株(4,618,600株)が非常に多い点も気になります。

また、RettyはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が多いため、VCのイグジット(出口)IPOとして警戒される可能性もあります。

ただ、口コミグルメサイトの「Retty」は知名度が高く、Go To Eatという国策とマッチしたテーマ性でも注目されそうです。

よって、RettyのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。Retty(7356)IPOは、公開価格をある程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Retty(7356)IPOのその他情報はこちら

Retty(7356)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

Retty(7356)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加する予定です。

共同主幹事の大和証券SMBC日興証券を中心に、IPOでお馴染みのSBI証券岩井コスモ証券などにも申し込むつもりです。

フォースタートアップスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
野村證券 BB参加
みずほ証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
エース証券 口座なし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング