プレミアアンチエイジング(4934)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。プレミアアンチエイジングIPOは、仮条件が大幅に上振れしたため、期待感が一気に高まっているようです。

プレミアアンチエイジングIPOは値がさなので、上手くハマれば大きな利益が得られる可能性もあるため、是非ともゲットしたいですね。

プレミアアンチエイジング

プレミアアンチエイジングIPOの過去記事

プレミアアンチエイジングIPOの新規上場を承認!主幹事は野村證券

プレミアアンチエイジングIPOのBBスタンスとIPO評価!コスメIPO

プレミアアンチエイジングIPOの初値予想!仮条件は大幅に上振れ

プレミアアンチエイジングIPOの配分数(割当数)

プレミアアンチエイジングIPOの配分数(割当数)は、主幹事の野村證券90%を占めていて、当選枚数もそれなりにあるので、かなり期待できそうです。

また、100%完全抽選の楽天証券と、その次に抽選配分比率が高いSBI証券も微かにチャンスがありそうですね。

プレミアアンチエイジングIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
野村證券 (主幹事) 2,115,100株 90% 2,115枚 A
SMBC日興証券 47,000株 2% 47枚
みずほ証券 47,000株 2% 47枚
SBI証券 35,200株 1.5% 158枚 C
楽天証券 35,200株 1.5% 352枚 B
岩井コスモ証券 23,500株 1% 24枚
岡三証券 23,500株 1% 24枚
東洋証券 23,500株 1% -枚
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
合計 2,350,000株 100% 2,767枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

プレミアアンチエイジングIPOのBB(ブックビルディング)は、昨日(10月13日)からスタートしているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、忘れずに申し込んでください。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング