カラダノート(4014)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。カラダノートIPOは、IT関連の小型なマザーズIPOなので、かなりの人気を集めそうです。

カラダノートIPOは、にほんブログ村などでも前評判が高く、IPOの地合いも相変わらず好調なので、何としても当選したいですね。

カラダノート

カラダノートIPOの過去記事

カラダノートIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

カラダノートIPOのBBスタンスとIPO評価!子育て支援IPO

カラダノートIPOの初値予想!仮条件はやや強め

カラダノートIPOの配分数(割当数)

カラダノートIPOの配分数(割当数)は、主幹事のみずほ証券約85%を占めていて、当選枚数もそこそこあります。

みずほ証券は今回200株配分になるので、実際の当選枚数は1/2になってしまいますが、それだけに当選できれば嬉しさ倍増です。

また、抽選配分比率が高めのSBI証券や、100%完全抽選のマネックス証券楽天証券も期待できそうですね。

さらに、松井証券が急きょ委託幹事りしたので要チェックです。

カラダノートIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
みずほ証券 (主幹事) 1,274,700株 85% 1,275枚 A
SBI証券 89,900株 6% 405枚 B
SMBC日興証券 44,900株 3% 45枚
マネックス証券 29,900株 2% 299枚 B
いちよし証券 14,900株 1% 15枚
岡三証券 14,900株 1% 15枚
東洋証券 14,900株 1% -枚
楽天証券 14,900株 1% 149枚 B
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
松井証券 ?株 ?% ?枚
合計 1,499,000株 100% 2,203枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

カラダノートIPOのBB(ブックビルディング)は、昨日(10月9日)から始まっているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、早めに申し込むことをオススメします。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング