さくらさくプラス(7097)IPOの新規上場が承認されました。さくらさくプラスIPOは、4月24日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、さくらさくプラスIPOの主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。それにしても、こんなに地合いが悪いんだから、せめてGW明けまで日程をずらしたり出来なんでしょうかね。

※上場中止になりました!

さくらさくプラス

さくらさくプラス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名さくらさくプラス
コード7097(サービス業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)大和証券
SBI証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
エース証券
上場日4月24日
仮条件決定日4月8日(1,150円~1,430円に決定)
ブックビルディング期間4月9日から4月15日まで
公開価格決定日4月16日
申込期間4月17日から4月22日まで
公募457,000株→297,000株
売出し402,900株→296,300株
OA128,900株→88,900株
吸収金額20.4億円→14.1億円
時価総額87.3億円
想定価格2,060円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
さくらさくプラスIPO主幹事のSMBC日興証券

さくらさくプラスIPOの概要

さくらさくプラスIPOは、「安全と安心を提供し、自然で和やかな笑いに満ちた温かい育児環境をつくり出す」という経営理念のもと、保育所「さくらさくみらい」を中心に保育事業を展開している企業です。

「さくらさくみらい」では運営する園のうち「認可保育園」の比率が98%を超えおり(2020年4月開園予定を含む)、国・地方自治体が認める健全で安心できる保育の提供、子ども・保護者が安心して過ごせる「おうちのような」保育園づくりを目指しています。

また、さくらさくプラスIPOは保育所への利活用を想定した不動産の仲介・管理業務も行っています。

さくらさくプラスIPOはそれなりに規模(吸収金額20.4億円)があり、保育事業もIPOで一定の人気があるものの新鮮味に欠けるので、地合いが回復しないと厳しそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

さくらさくプラスIPOのその他情報はこちら

さくらさくプラスIPOの幹事団は、主幹事のSMBC日興証券をはじめ、100%完全抽選のマネックス証券や、IPO後期抽選型の岩井コスモ証券などの6社で構成されています。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

さくらさくプラスIPOの初値予想

さくらさくプラスIPOの初値予想は、仮条件決定後(4月8日以降)に追記させていただきます。

1,500円 (想定価格比:-560円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,800円~2,100円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,450円~1,700円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社