Speee(4499)IPOの新規上場が承認されました。Speee(スピー)IPOは、4月20日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、SpeeeのIPO主幹事は野村證券が務めることになっています。予定通りなのかもしれませんが、こんな状況で新規承認されても喜べませんね。

※上場中止になりました!

Speee

Speee(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Speee
コード4499(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
みずほ証券
SMBC日興証券
大和証券
藍澤證券
いちよし証券
マネックス証券
楽天証券
上場日4月20日(上場中止
仮条件決定日3月31日
ブックビルディング期間4月2日から4月8日まで
公開価格決定日4月9日
申込期間4月10日から4月15日まで
公募2,607,000株
売出し195,000株
OA420,300株
吸収金額83.5億円
時価総額298億円
想定価格2,590円
初値価格上場中止

SMBC日興証券 オンライントレード
Speee(4499)IPO幹事のSMBC日興証券

SpeeeのIPO概要

Speee(44499)IPOは、膨大なデータを処理するアルゴリズムを追求した自社開発のプロダクトをベースに、マーケティング活動を支援するMarTech(マーケティング(Marketing)+技術(Technology))事業を行っています。

また、Speeeは未だIT化の恩恵を受けていないリアルな産業のデジタルシフトを促進するX-Tech(クロステック=既存産業に新たな価値や仕組みを提供すること)事業も行っています。

Speeeは、マザーズにしては規模(吸収金額83.5億円)が大きいため、需給面にはやや不安があります。

しかし、MarTechX-Techというテーマ性がある事業はIPO向きなので、事業面では注目されると思います。

いずれにしても、上場日は一ヶ月以上先なので、それまでにどれだけ地合いが回復しているかがキーになりそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Speee(4499)IPOのその他情報はこちら

SpeeeのIPO幹事団は、主幹事の野村證券をはじめ、平幹事もSMBC日興証券SBI証券マネックス証券など、IPOでお馴染みの証券会社が顔を揃えています。


IPOは100%完全抽選のマネックス証券

Speee(4499)IPOの初値予想

Speee(4499)IPOの初値予想は、仮条件決定後(3月31日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社