ステムセル研究所(7096)IPOの新規上場が承認されました。ステムセル研究所IPOは、4月9日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ステムセル研究所IPOの主幹事はまたしても野村證券が務めることになっています。

ステムセル研究所IPOは、昨日新規承認されたロコガイドIPOコマースOneホールディングスIPOとの3社同時上場になります。

それにしても地合いが悪い中、ゴールデンウイークを控えているからなのか、オリンピックを控えているからなのか分かりませんが、駆け込みでIPOが新規承認されている感じです。

IPOが4月になっても3社同時上場になるとは思いませんでした。今年は、4月前半もIPOラッシュですね

※上場中止になりました!

ステムセル研究所

ステムセル研究所(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ステムセル研究所
コード7096(サービス業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
東洋証券
いちよし証券
エース証券
SBI証券
auカブコム証券
上場日4月9日(上場中止
仮条件決定日3月19日→3月24日
ブックビルディング期間3月25日から3月30日まで
公開価格決定日3月31日
申込期間4月1日から4月6日まで
公募256,200株
売出し573,100株
OA124,300株
吸収金額19.3億円
時価総額103.5億円
想定価格2,020円
初値価格上場中止

SMBC日興証券 オンライントレード
ステムセル研究所IPO幹事のSMBC日興証券

ステムセル研究所IPOの概要

ステムセル研究所IPOは、民間さい帯血バンクのパイオニアとして、再生医療を目的に、細胞バンク事業(さい帯血保管事業)を行っています。

ステムセル研究所IPOは、さい帯血の品質維持のため、採取から48時間以内に作業開始ができる輸送ネットワークを確立しています。

ちなみに、ステムセル研究所IPOは、国内認証である特定細胞加工物製造許可(厚生労働省 関東信越厚生局による)のみならず、さらなる安全性と高い品質を目指して、世界基準のさい帯血バンクに付与されるAABB認証、およびISO9001認証とプライバシーマークを取得しています。

ステムセル研究所IPOは3社同時上場なので、需給面に不安がありますが、再生医療というテーマ性で関心を集めそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ステムセル研究所IPOのその他情報はこちら

ステムセル研究所IPOの幹事団は、4月のIPOの大半で主幹事を務めている野村證券をはじめ、IPO取扱銘柄数がトップクラスのSMBC日興証券SBI証券などの7社で構成されています。

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券が委託幹事入りする可能性も高そうです。←正式に決定しました!

auカブコム証券株式会社
au カブコム証券のIPOルール

ステムセル研究所IPOの初値予想

ステムセル研究所IPOの初値予想は、仮条件決定後(3月19日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社