さくらさくプラス(7097)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の4月9日からスタートします。さくらさくプラスは、IPOで人気になりやすい保育事業を行っていることで関心を集めているようです。

しかし、4月のIPOは新型コロナウイルスの影響による地合いの悪化から、軒並み上場中止に追い込まれているので、さくらさくプラスも無事に上場日を迎えられるか分からない状況ですね。

※上場中止になりました!

さくらさくプラス

さくらさくプラス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名さくらさくプラス
コード7097(サービス業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)大和証券
SBI証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
エース証券
上場日4月24日
仮条件決定日4月8日(1,150円~1,430円に決定)
ブックビルディング期間4月9日から4月15日まで
公開価格決定日4月16日
申込期間4月17日から4月22日まで
公募457,000株→297,000株
売出し402,900株→296,300株
OA128,900株→88,900株
吸収金額20.4億円→14.1億円
時価総額87.3億円
想定価格2,060円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

さくらさくプラスIPOの事業内容

さくらさくプラスは保育事業として、「さくらさくみらい」という名称で、保育ニーズが中長期的に高いと見込まれる東京都23区を中心に、認可保育所、小規模認可保育所、東京都認証保育所を直営で運営しています。

また、さくらさくプラスは様々な不動産情報を収集し、蓄積された保育ノウハウを施設整備に活かした保育所開発も行っています。

さくらさくプラスは保育所の立地に関しても駅からの距離、利便性の高いエリアへの強いこだわりを持ち、利用者や働く保育士から選ばれる施設づくりを行い、ソフト(保育の内容及び職員の質)とハード(施設及び不動産)の両輪を見据え事業を展開しています。

さくらさくプラスIPOの事業系統図

さくらさくプラスの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. 2021年4月に開設を予定している認可保育所(13施設)の設備投資資金

さくらさくプラスIPOの業績

さくらさくプラスの業績

(※画像クリックで拡大)

さくらさくプラスIPOの業績は好調に推移していて問題なさそうです。

さくらさくプラスのIPO評価

さくらさくプラスはSANEIとの同時上場で、規模(吸収金額20.4億円)もそれなりにあるため、需給面にやや不安があります。

ただ、保育事業は根強い人気があり、子育て支援という国策とマッチしたテーマ性でも注目されるかもしれません。

よって、さくらさくプラスのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。しかし、地合いが回復しない場合は、評価もワンランク下がりそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

さくらさくプラスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

さくらさくプラスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただ、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込むつもりです。

さくらさくプラスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB検討中
大和証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB検討中
マネックス証券 BB検討中
エース証券 口座なし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング