Speee(4499)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の4月2日からスタートします。

Speeeは、マザーズにしては規模が大きいため、今の地合いでは需給面でかなり警戒されそうです。

このところ、野村證券が主幹事を務めるIPOが次々と上場中止になっているので、Speeeもまずは新規上場まで辿り着けるのか注目です。

※上場中止になりました!

Speee

Speee(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Speee
コード4499(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
みずほ証券
SMBC日興証券
大和証券
藍澤證券
いちよし証券
マネックス証券
楽天証券
上場日4月20日(上場中止
仮条件決定日3月31日
ブックビルディング期間4月2日から4月8日まで
公開価格決定日4月9日
申込期間4月10日から4月15日まで
公募2,607,000株
売出し195,000株
OA420,300株
吸収金額83.5億円
時価総額298億円
想定価格2,590円
初値価格上場中止

SMBC日興証券 オンライントレード

SpeeeIPOの事業内容

Speeeは、MarTech(Marketing+Technology)事業として、「Webアナリティクス(検索エンジン対策コンサル)」「トレーディングデスク(広告運用サポート)」「PAAM(予測分析マーケティング)」「UZOU(予測分析マーケティング)」を提供しています。

SpeeeのMarTech事業

また、SpeeeはX-Tech(クロステック=既存産業に新たな価値や仕組みを提供)事業として、中古不動産売却におけるマッチングサービス「イエウール」と、外壁リフォームにおけるマッチングサービス「ヌリカエ」を運営しています。

SpeeeのX-Tech事業

さらに、SpeeeはData Platform事業として、世界中のデータをブロックチェーン技術によって安全に共有するプラットフォーム「Datachain」の運営も行っています。

SpeeeIPOの事業系統図

Speeeの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. 既存事業の規模拡大のための開発人員、営業人員及び管理体制強化のための管理人員の採用費及び人件費
  2. 当社グループサービス(イエウール及びヌリカエ)の認知度向上及び顧客基盤拡大のための広告宣伝費
  3. 長期運転資金のために借入れた銀行からの借入金の返済資金

SpeeeIPOの業績

Speeeの業績

(※画像クリックで拡大)

SpeeeIPOの売上は概ね堅調に推移していますが、利益はバラついていますね。

SpeeeのIPO評価

Speeeは、吸収金額が想定価格ベースで83.5億円と大きい点が気掛かりです。

また、アドテク関連事業も新鮮味に欠けますが、MarTechX-TechというIPO受けしそうなキーワードで関心を集めるかもしれません。

ただ、今はIPOの地合いが最悪なので、地合いが回復しないことには、いずれにしても厳しい上場になってしまいそうです。

よって、SpeeeのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。SpeeeIPOの初値は、今のところ公開価格を割れる可能性もあると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SpeeeIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

SpeeeIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込む予定です。

SpeeeIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB不参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
大和証券 BB不参加
藍澤證券 口座なし
いちよし証券 BB不参加
マネックス証券 BB不参加
楽天証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング