スタメン(4019)IPOのBB(ブックビルディング)が、今月末の11月30日からスタートします。スタメンは、時流に乗ったSaaS関連IPOとして注目されているようです。

また、スタメンは同時上場するビーイングホールディングスと並んで12月最初のIPOになるので、期待度も高まりそうですね。

スタメン

スタメン(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名スタメン
コード4019(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)野村證券
みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
東洋証券
上場日12月15日
仮条件決定日800円~880円に決定
ブックビルディング期間11月30日から12月4日まで
公開価格決定日12月7日
申込期間12月8日から12月11日まで
公募1,000,000株
売出し600,000株
OA240,000株
吸収金額14.7億円
時価総額67.4億円
想定価格800円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

スタメンIPOの事業内容

スタメンは、エンゲージメント経営プラットフォーム「TUNAG」という法人向けのSaaS(Software asa Service)モデルのサービスを展開しています。

TUNAG」は社内制度運用クラウドと組織改善コンサルティングをパッケージで提供し、エンゲージメント向上に定量的な形で貢献するエンゲージメント経営支援プラットフォームです。

ちなみに、エンゲージメントとは会社と従業員のタテの相互信頼関係、及び「従業員同士」のヨコの相互信頼関係が確立されている状況と定義づけられています。

TUNAG」はクラウド上で提供するサービスの対価を利用期間に応じて受領するサブスクリプション型ビジネスになっており、継続ライセンスの蓄積によって安定収益の拡大を目指しています。

TUNAGの売上高ストック比率の推移

TUNAGの売上高ストック比率の推移

(※画像クリックで拡大)

また、スタメンはファンエンゲージメント支援事業として、サブスクファンサロンアプリ「FANTS」事業も展開しています。

FANTSの事例

FANTSの事例

Bリーグに所属するプロバスケットボールチームの「レバンガ北海道」や、開園40周年を迎えた愛知県知多半島にある水族館「南知多ビーチランド」などで導入されています。

IPOによる手取金の使途

  1. 認知度向上及び顧客基盤拡大に係る広告宣伝費
  2. 事業の拡大に伴う人材基盤の拡充に係る採用教育費及び人件費
  3. 当社サービス提供を効率化するための外注費及び業務委託費
  4. 人員拡大に伴うオフィス移転に係る移転費用、賃料、敷金及び保証金
  5. 金融機関からの長期借入金の返済

スタメンIPOの業績

スタメンの業績

(※画像クリックで拡大)

スタメンIPOの売上は急激に伸びていますが、利益は黒字転換したばかりなので、今後に期待といった感じですね。

スタメンのIPO評価

スタメンはビーイングホールディングスとの同時上場になりますが、12月のIPOラッシュの先陣を切る銘柄で、どちらもそれほど規模が大きくないため、あまり心配する必要はないと思います。

また、エンゲージメント支援事業はIPO向きで、クラウドSaaSというテーマ性もあるため、事業面で注目されそうです。

よって、スタメンのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。スタメンIPOは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株の多さが気になりますが、それでも初日値付かずも想定される強い初値形成になると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

スタメンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

スタメンIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。主幹事の大和証券はもちろんのこと、SMBC日興証券マネックス証券などの平幹事ももれなく申し込むつもりです。

フォースタートアップスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング