サンクゼール(2937)IPOの新規上場が承認されました。サンクゼールIPOは12月21日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、サンクゼールIPOの主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。

サンクゼールは本日同じく新規承認されたneteアイズとの3社同時上場になります。

サンクゼール

サンクゼール(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名サンクゼール
コード2937(食料品)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SBI証券
みずほ証券
岡三証券
八十二証券
松井証券
楽天証券
岡三オンライン
上場日12月21日
仮条件決定日12月5日
ブックビルディング期間12月6日から12月12日
公開価格決定日12月13日
申込期間12月14日から12月19日まで
公募1,200,000株
売出し1,410,000株
OA391,500株
吸収金額46.5億円
時価総額137億円
想定価格1,550円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
サンクゼールIPO主幹事のSMBC日興証券

サンクゼールIPOの概要

サンクゼールIPOは、「サンクゼール」ブランドと「久世福商店」ブランドの2つの食品ブランドを持ち、「食のセレクトショップ」として日本全国に150店舗を超える自社店舗を展開しています。

サンクゼールIPOは食のSPA(speciality store retailer of private label apparel)企業として、商品の企画・開発、調達・製造、店舗設計、販売まで、すべてのプロセスを自社内で一気通貫して手掛けることにより、自社独自のグロッサリーストアを作りあげています。

サンクゼールや久世福商店はそれなりに知られているようですが、3社同時上場で規模(吸収金額46.5億円)も大きいため、需給面にやや不安がありますね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サンクゼールIPOの幹事団は主幹事のSMBC日興証券を中心に、SBI証券松井証券などの8社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
IPO投資に必須のSBI証券

また、岡三証券が幹事団に名を連ねているので、岡三オンラインも委託幹事入りする可能性がありそうです。←正式に決定しました!

サンクゼールIPOの初値予想

サンクゼールIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月5日以降)に追記させていただきます。

-円

(※大手予想会社の初値予想:1,800円~2,200円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社