タカラレーベン不動産投資法人(3492)IPOの新規上場が承認されました。タカラレーベン不動産投資法人IPOは、7月27日に東証REIT(リート)市場へ新規上場する予定です。

タカラレーベン不動産投資法人IPOは、2月に新規上場したザイマックス・リート投資法人(3488)IPO以来、久々のREIT(リート)IPOになります。

また、タカラレーベン不動産投資法人IPOの主幹事は、ザイマックス・リート投資法人IPOと同じくSMBC日興証券が務めることになっています。

タカラレーベン不動産投資法人

タカラレーベン不動産投資法人(東証リートIPO)のIPO基本情報

銘柄名タカラレーベン不動産投資法人
コード3492
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
野村證券
上場日7月27日
仮条件決定日7月10日(96.000円~100,000円に決定)
ブックビルディング期間7月11日から7月18日まで
公開価格決定日7月19日(96,000円に決定)
申込期間7月20日から7月25日まで
公募344,000口
売出し0口
OA17,000口
吸収金額361億円
時価総額345億円
想定価格100,000円→公開価格:96,000円
初値価格92,000円


タカラレーベン不動産投資法人IPO主幹事のSMBC日興証券

タカラレーベン不動産投資法人IPOの概要

タカラレーベン不動産投資法人IPOは、タカラレーベンPAGインベストメント・マネジメント共立メンテナンスヤマダ電機をスポンサーとして、オフィス・住宅・ホテル及び商業施設等を中心に投資を行う総合型J-REITです。

タカラレーベン・グループは、2016年にタカラレーベンインフラ投資法人(9281)をIPO新規上場させているので、覚えている方も多いと思います。

タカラレーベン不動産投資法人IPOは、スポンサー力という点では可もなく不可もなくといった印象です。

ただ、投資主優待制度(10口以上保有でヤマダ電機の「お買い物優待券」合計2,500円相当)が導入されている点はプラス要素ですね。

タカラレーベン不動産投資法人IPOの投資主優待制度

タカラレーベン不動産投資法人の投資主優待

(※画像クリックで拡大)

タカラレーベン不動産投資法人IPOは、手の出しやすい価格(10万円)で規模(吸収金額361億円)もそこそこですが、REIT(リート)なので慎重に判断したいと思います。

※REIT(リート)IPOは通常のIPOと異なりますので、初心者の方は注意して下さい。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

タカラレーベン不動産投資法人IPOのその他情報はこちら

タカラレーベン不動産投資法人IPOでオススメの幹事証券

主幹事のSMBC日興証券は、一般的なIPOだけでなく、REIT(リート)IPOでも主幹事を務めることが多いので、IPO投資に必須の証券会社です。


SMBC日興証券のIPOルール

タカラレーベン不動産投資法人IPOの初値予想

タカラレーベン不動産投資法人IPOの初値予想は、仮条件決定後(7月10日以降)に追記させていただきます。

101,000円→92,600円 (公開価格比:-3,400円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング