タンゴヤ(7126)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の8月5日から始まります。タンゴヤは、オーダースーツやオーダーシャツ等の専門店の経営および服地販売を行っています。

タンゴヤは、前後のIPOと程よく間隔が空いているので、スケジュールには恵まれていますね。

タンゴヤ

タンゴヤ(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名タンゴヤ
コード7126(小売業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
野村證券
SBI証券
マネックス証券
auカブコム証券
上場日8月24日
仮条件決定日8月3日(1,540円~1,600円に決定)
ブックビルディング期間8月5日から8月12日
公開価格決定日8月13日(1,600円に決定)
申込期間8月16日から8月19日まで
公募140,000株
売出し70,000株
OA31,500株
吸収金額3.8億円
時価総額27.5億円
想定価格1,570円→公開価格:1,600円
初値価格1,703円

SMBC日興証券 オンライントレード

タンゴヤIPOの事業内容

タンゴヤは、主にメンズやレディスのオーダースーツ及びオーダーシャツ等の企画・販売を行っています。

タンゴヤは、高感度で高品質、且つ低価格から中価格(1着あたり2万4,000円+税~10万円+税未満の価格帯)のお買い得感のあるオーダービジネスウェアを提供するために、「GINZA Global Style」を運営しています。

GINZA Global Style」の最大の特徴はプライベートフィッティングルームにあり、無料で個室空間を貸切ることができるため、ご家族やご友人、会社の同僚の方々とも気兼ねなくオーダーを楽しむことができます。

タンゴヤのプライベートフィッティングルーム

また、タンゴヤは「GINZA Global Style」よりもお客様にさらに快適な空間でオーダーメイドのプロセスを楽しんでいただけるよう、店内にウェイティングカフェを併設した「GINZA Global Style COMFORT」も運営しています。

さらに、タンゴヤは自社で採寸データを保有するGSアプリ倶楽部・GS倶楽部会員を対象として、自社スタイリストによるカウンセリングサービスを受けながら、オンラインでオーダー商品を注文できる「GSオンラインオーダーサービス」を提供しています。

タンゴヤのGSオンラインオーダーサービス

タンゴヤは、その他にも40歳代~50歳代をメインターゲットに、クラシックなオーダースーツスタイルをリーズナブルなプライスでお仕立てするオーダーサロン「TANGOYA」を運営しています。

IPOによる手取金の使途

  1. 事業拡大に向けた新規出店のための販売設備
  2. 事業拡大に対応するための基幹システムの開発資金

タンゴヤIPOの業績

タンゴヤIPOの業績

(※画像クリックで拡大)

タンゴヤIPOの業績は堅調に推移していますが、やや頭打ちという印象ですね。

タンゴヤのIPO評価

タンゴヤは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(28.5万株)が気になりますが、小型(吸収金額3.8億円)なので、それでも需給面で注目されると思います。

しかし、オーダースーツはリモートワークが叫ばれる中で、業績が今後大きく伸びるとは思えず、事業内容自体も地味と言わざるを得ません。

よって、タンゴヤのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。タンゴヤIPOは、公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

タンゴヤIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

タンゴヤIPOのBB(ブックビルディング)は、積極的に参加する予定です。主幹事のみずほ証券はもちろんのこと、SMBC日興証券SBI証券などの平幹事も、しっかりと申し込むつもりです。

タンゴヤIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
野村證券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
auカブコム証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング