デリバリーコンサルティング(9240)IPOの仮条件が発表されました。デリバリーコンサルティングIPOは、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)化を推進するITコンサル事業を展開していることで注目されています。

デリバリーコンサルティングIPOは、ブレインズテクノロジーIPOAIメカテックIPOに挟まれる形での新規上場になりますが、単独上場で規模も大きくないため、特に問題はなさそうですね。

デリバリーコンサルティング

デリバリーコンサルティングIPOの関連記事

デリバリーコンサルティングIPOの新規上場を承認!SMBC日興証券が主幹事

デリバリーコンサルティングIPOのBBスタンスとIPO評価!DX支援IPO

デリバリーコンサルティングIPOの仮条件

850円~950円

デリバリーコンサルティングIPOの仮条件は、想定価格の1,130円を下回るレンジになっています。デリバリーコンサルティングIPOは概ね良い評価を得ていたので、仮条件の下振れにはびっくりです。

ちなみに、デリバリーコンサルティングIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は14.8億円から12.4億円にダウンします。

SMBC日興証券 オンライントレード
デリバリーコンサルティングIPO主幹事のSMBC日興証券

デリバリーコンサルティングIPOの初値予想

1,430円 (想定価格比:+300円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,100円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,400円~1,700円)

デリバリーコンサルティングIPOは仮条件が下振れしてしまったため、評価も当初よりやや下がってしまいそうです。

仮条件が下振れしたのは地合いが悪いだけでなく、大株主であるメディアシークとトランス・コスモスが、ロックアップが解除される公開価格の1.5倍で売ってくる可能性もあることが要因かもしれません。

ただ、デリバリーコンサルティングはIPOで人気のDX(デジタルトランスフォーメーション)、クラウドAI(人工知能)、RPA(ロボットによる業務自動化)といったテーマ性のある事業を展開していることで注目されると思います。

また、仮条件の下振れはマイナス要素ですが、手頃な価格で吸収金額(12.4億円)も小さくなったことは、プラスに捉えることもできます。

よって、デリバリーコンサルティングIPOは公開価格の約1.5倍に当たる1,430円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

デリバリーコンサルティングIPOの幹事団

デリバリーコンサルティングIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 SBI証券
みずほ証券
東洋証券
いちよし証券
楽天証券
極東証券
松井証券

デリバリーコンサルティングIPOの幹事団は、主幹事のSMBC日興証券をはじめ、大半がネットから申し込める証券会社なので、もれなく申し込んで少しでも当選確率をアップさせたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社