テクノフレックス(3449)IPOが、明日(12月10日)に東京証券取引所2部市場へ新規上場します。テクノフレックスIPOは、同時上場する3社の中で一番地味な印象なので、注目度も低いと思います。

ただ、最近はテクノフレックスIPOのようなバリュー株(割安株)に資金が流れることも多いため、意外と健闘する可能性もありそうですね。

テクノフレックス

テクノフレックスIPOの過去記事

SOSiLA物流リート投資法人IPOに当選!テクノフレックスはスルー!

テクノフレックスIPOのBBスタンスとIPO評価!東証2部IPO!

テクノフレックスIPOの新規上場を承認!主幹事は大和証券!

テクノフレックスIPO上場直前の初値予想

930円 (公開価格比:+30円)

(※大手予想会社の初値予想:900円~1,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,000円)

※主幹事証券会社の引受価格:832.5円

テクノフレックスIPO上場直前の初値予想は、仮条件決定時にアップしていた930円で据え置きたいと思います。

テクノフレックスIPOは、規模(吸収金額24.3億円)がそれほど大きいわけではありませんが、ALiNKインターネットIPOSOSiLA物流リート投資法人IPOとの3社同時上場なので、多少なりとも資金分散の影響を受けると思います。

ただ、テクノフレックスIPOは手の出しやすい価格になっていて、事業内容や業績も堅実そうなので、大崩れすることもなさそうです。

よって、テクノフレックスIPOは公開価格を若干上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

テクノフレックスIPOのその他初値予想はこちら

テクノフレックスIPO初値決定前の気配運用

テクノフレックスIPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の2,070円で、更新値幅45円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は公開価格比0.75倍の675円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、225円以上で3,600円以下となります。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング