ユーピーアール(7065)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の5月27日からスタートします。

ユーピーアールは、IPOで不人気の東証2部への新規上場ですが、物流とIoTの融合というテーマ性で注目されているようです。

また、ユーピーアールは前後のIPOと約1週間程度空いているのもプラスに働きそうですね。

ユーピーアール

ユーピーアール(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名ユーピーアール
コード7065
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)東海東京証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
SBI証券
ひろぎん証券
松井証券
カブドットコム証券
上場日6月12日
仮条件決定日5月23日(3,130円~3,300円に決定)
ブックビルディング期間5月27日から5月31日まで
公開価格決定日6月3日(3,300円に決定)
申込期間6月4日から6月7日まで
公募384,000株
売出し76,400株
OA69,000株
吸収金額16.6億円
時価総額48億円
想定価格3,130円→公開価格:3,300円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

ユーピーアールIPOの事業内容

ユーピーアールは、「パレットを通じ人々の生活を便利にすること」を基本理念に掲げながら、パレットを中心とした物流機器のレンタル業をコア事業として展開しています。

主なパレット

主なパレット

(※画像クリックで拡大)

物流事業では、パレットなど物流機器のレンタル及び販売、アクティブタグを搭載しクラウド上でパレットの管理を可能とするスマートパレットのレンタル、現場でのあらゆる作業に従事する作業者の腰・身体的負担を軽減するアシストスーツのレンタル及び販売を行っています。

コネクティッド事業では、位置情報端末とデータ閲覧のwebサイトをパッケージにした「なんつい」や「ワールドキーパー」を主力商品に据え、物流業界を中心に位置情報ソリューションを提供しており、物流業界向けの総合的なIoTソリューション(物流IoT)を展開しています。

また、ユーピーアールはカーシェアリングシステムのレンタル及び販売、カーシェアリング自主運営、カーシェアリング運営受託等のカーシェアリングサービスも提供しています。

ユーピーアールIPOの事業系統図

ユーピーアールの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

ユーピーアールIPOの業績

ユーピーアールの業績

(※画像クリックで拡大)

ユーピーアールIPOの業績は、概ね堅調に推移しているので、特に問題なさそうです。

ユーピーアールのIPO評価

ユーピーアールは、IPOで人気になりにくい東証2部への新規上場ですが、日程に恵まれていて、規模(吸収金額16.6億円)もさほど大きくないため、需給面はまずまずだと思います。

また、ユーピーアールは「アシストスーツ」や最新鋭のRFIDシステム「スマートパレット」を用いて、物流とIoTの融合「Logistics4.0」を目指してる点でも関心を集めそうです。

よって、ユーピーアールのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。ユーピーアールIPOは、公開価格をある程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ユーピーアールIPOのその他情報はこちら

ユーピーアールIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ユーピーアールIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で申し込むつもりです。主幹事の野村證券はもちろんのこと、IPO幹事常連のSMBC日興証券や、IPOに力を入れつつある松井証券にも期待しています。

ユーピーアールIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
東海東京証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
ひろぎん証券 口座なし
松井証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング