ウイングアーク1st(4432)IPOのBB(ブックビルディング)が、週明けの3月9日からスタートします。

※上場中止になりました。

ウイングアーク1stは、昨年(2019年)の3月13日に新規上場するはずが上場中止になっていた銘柄なので、覚えている方も多いと思います。

また、ウイングアーク1stはIPOで不人気な再上場案件なので、今の地合いだと普段以上に警戒されそうですね。

ウイングアーク1st

ウイングアーク1st(東証1部又は2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名ウイングアーク1st
コード4432(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
メリルリンチ日本証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
楽天証券
auカブコム証券
上場日3月26日上場中止
仮条件決定日3月10日又は11日
ブックビルディング期間3月10日又は11日から3月13日まで
公開価格決定日3月16日
申込期間3月17日から3月23日まで
公募0株
売出し15,517,100株
(国内:8,783,300株
海外:6,733,800株)
OA1,317,400株
吸収金額281.1億円
時価総額521億円
想定価格1,670円
初値価格上場中止

SMBC日興証券 オンライントレード

ウイングアーク1st(4432)の事業内容

ウイングアーク1stは、様々なビッグデータを活用したデータエンパワーメント事業として、帳票・文書管理ソリューションとデータエンパワーメントソリューションを展開しています。

帳票・文書管理ソリューションでは、主力の帳票基盤ソリューション「SVF」をはじめ、帳票クラウドサービス「SVF Cloud」と文章データ活用ソリューション「SPA」を提供しています。

ウイングアーク1stの帳票・文書管理ソリューション

データエンパワーメントソリューションでは、集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum」、情報活用ダッシュボード「MotionBoard」、リテール業界向け情報活用ソリューション「SmartRetailing」を提供しています。

ウイングアーク1stのデータエンパワーメントソリューション

ウイングアーク1st(4432)IPOの業績

ウイングアーク1stの業績

(※画像クリックで拡大)

ウイングアーク1st(4432)IPOの業績は好調に推移しているようです。

ウイングアーク1stのIPO評価

ウイングアーク1stは、前身である「1stホールディングス株式会社」が2013年に東証2部から上場廃止しているため、IPOで不人気な再上場案件になります。しかも、昨年に一旦上場を中止しているため、印象はあまり良くありません。

また、ウイングアーク1stは前回(吸収金額451.1億円(国内:293.2億円))よりも規模(吸収金額281.1億円(国内:168.7億円))がコンパクトになっているとはいえ、大型なことに変わりはなく、売出株のみでVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多いため、イグジット案件として敬遠されそうです。

よって、ウイングアーク1stのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。ウイングアーク1stのIPO初値は、公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ウイングアーク1st(4432)IPOのその他情報はこちら

ウイングアーク1st(4432)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ウイングアーク1st(4432)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送る予定です。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込むつもりです。

ウイングアーク1st(4432)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB不参加
メリルリンチ日本証券 (主幹事) 口座なし
みずほ証券 BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
大和証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB不参加
auカブコム証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング