2022年のIPO前半戦が終了したので、2022年4月までに新規上場したIPOの初値騰落率ベスト5をリストアップしてみました。

今年のIPO前半戦は地合いが悪かったため、全般的にあまり良い初値が付きませんでした。ただ、IPOの地合いは一時より良くなってきた感じなので、後半戦に期待したいですね。

IPO主幹事ランキング

2022年4月までに新規上場したIPOの初値騰落率ベスト5(5月3日時点)
順位 銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
市場
規模
公募価格
初値価格
利益
騰落率
1位

5029
サークレイス
4月12日
大和証券
グロース
6.1億円
720円
2,320円
1,600円
222.2%
2位

7140
ペットゴー
4月28日
みずほ証券
グロース
3.6億円
550円
1,295円
745円
135.5%
3位

4270
BeeX
2月24日
大和証券
マザーズ
6.1億円
1,600円
3,750円
2,150円
134.4%
4位

5028
セカンドサイトアナリティカ
4月4日
SMBC日興証券
グロース
8.1億円
1,390円
3,190円
1,800円
129.5%
5位

4268
エッジテクノロジー
2月17日
SMBC日興証券
マザーズ
21.5億円
350円
694円
344円
98.3%

騰落率={(初値価格-公募価格)÷公募価格}×100

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

やはり、毎年のことですが小型なグロース(マザーズ)IPOが上位を占める結果となっています。ただ、今年はIPOの地合いが悪かったため、騰落率自体は例年に比べて低めですね。

今年前半のIPOの新規上場は例年に比べて少なめだったので、後半は数多くのIPOが新規上場し、例年以上の盛り上がりを見せてほしいですね。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング