エッジテクノロジー(4268)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の2月1日から開始されます。エッジテクノロジーはAIソリューションサービスを提供しています。

エッジテクノロジーは直近のライトワークスから約1週間空けての新規上場になるので、スケジュールに問題はありませんね。

エッジテクノロジー

エッジテクノロジー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名エッジテクノロジー
コード4268(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SBI証券
楽天証券
いちよし証券
極東証券
松井証券
上場日2月17日
仮条件決定日1月31日(300円~350円に決定)
ブックビルディング期間2月1日から2月7日
公開価格決定日2月8日(350円に決定)
申込期間2月9日から2月15日まで
公募613,000株→544,000株
売出し2,409,600株→2,166,000株
OA453,300株→406,500株
吸収金額24億円→21.5億円
時価総額73.2億円
想定価格690円→公開価格:350円
初値価格694円

SMBC日興証券 オンライントレード

エッジテクノロジーIPOの事業内容

エッジテクノロジーは顧客の課題を解決するため、AIソリューションサービスAI教育サービスAIプロダクトの開発・販売という3つのサービスを展開しています。

エッジテクノロジーのサービス別の売上構成

(※画像クリックで拡大)

AIソリューションサービスでは自社社員(営業・コンサルタント)と独自に構築したフリーランスのAI人材がチームを編成し、顧客のAI導入を支援するサービスを提供しています。

エッジテクノロジーのAIソリューションサービス

(※画像クリックで拡大)

AI教育サービスでは日本ディープラーニング協会認定の教育プログラムでAI専門の転職支援を行う「AIジョブカレ」を運営しています。

AIプロダクトサービスでは新規開拓営業をスピードアップするAI営業支援システム「GeAIne(ジーン)」を提供しています。

IPOによる手取金の使途

  1. 今後の事業規模拡大のための優秀な人材の確保等を目的とした採用教育費並びに社員の人件費等
  2. 銀行からの借入金の返済資金

エッジテクノロジーIPOの業績

エッジテクノロジーの業績

(※画像クリックで拡大)

エッジテクノロジーIPOの業績は概ね堅調に推移していて好調そうですね。

エッジテクノロジーのIPO評価

エッジテクノロジーはやや規模(吸収金額24億円)がありますが、マザーズへの単独上場でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、需給面は良好だと思います。

また、エッジテクノロジーはIPOで人気のAI(人工知能)関連サービスを提供していることでも注目されそうです。

よって、エッジテクノロジーのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。エッジテクノロジーIPOは公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エッジテクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

エッジテクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で参加するつもりです。主幹事のSMBC日興証券をはじめ、楽天証券松井証券などの平幹事ももれなく申し込む予定です。

エッジテクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
極東証券 口座なし
松井証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング