エードット(7063)IPOの仮条件が決まっています。エードットIPOは、とにもかくにも規模が小さいため、かなりの人気を集めそうです。

エードットIPOはWelby(4438)IPOとの同時上場になりますが、どちらも概ね高い評価を得ているので、どのくらいの初値が付くか楽しみですね。

エードット

エードットIPOの関連記事

エードットIPOのBBスタンスとIPO評価!マザーズの小型IPO!

エードットIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事!

エードットIPOの仮条件

1,010円~1,110円

エードットIPOの仮条件は、想定価格の1,010円を下限に上方へ拡げて設定されています。エードットIPOは、新規承認時から関心を集めていたので、やや強めの仮条件も納得です。

ちなみに、エードットIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は7億円から7.7億円にアップしますが、小型なことに変わりありませんね。


マネックス証券のIPOルール

エードットIPOの初値予想

2,000円 (想定価格比:+990円)

(※大手予想会社の初値予想:2,000円~2,500円)

エードットIPOは、小型(吸収金額7.7億円)でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株もないため、需給面だけでも人気を集めると思います。

また、ブランディング事業は多岐に渡っていて判然としませんが、業績は右肩上がりで伸びていて好印象です。

エードットは、IPOラッシュ終盤での同時上場なので、買い疲れや資金分散の影響が少し気になりますが、それでも公開価格の1.8倍程度の高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エードットIPOのその他初値予想はこちら

エードットIPOの幹事団

エードットIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SMBC日興証券
SBI証券
エース証券
いちよし証券
マネックス証券
岡三証券
岩井コスモ証券
岡三オンライン証券

主幹事のみずほ証券だけでなく、IPOで主幹事を務めることが多いSMBC日興証券や、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券も要チェックです。

また、100%完全抽選のマネックス証券と、前受金不要(事前入金不要)の岡三オンライン証券も申込み必須ですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社