AIメカテック(6227)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の7月12日から始まります。AIメカテックはAを行っています。

ちなみに、社名にAIが付いていると、すぐにAI(人工知能)関連の企業かと期待してしまいますが、AIメカテックはアイと読むのでAI(人工知能)とは全く関係ありません。

AIメカテック

AIメカテック(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名AIメカテック
コード6227(機械)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)野村證券
大和証券
SBI証券
楽天証券
SMBC日興証券
岡三証券
岩井コスモ証券
極東証券
水戸証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日7月30日
仮条件決定日7月8日(1,900円~1,920円に決定)
ブックビルディング期間7月12日から7月16日
公開価格決定日7月19日(1,920円に決定)
申込期間7月20日から7月27日まで
公募0株
売出し3,427,000株
OA514,000株
吸収金額75.7億円
時価総額108.1億円
想定価格1,920円→公開価格:1,920円
初値価格1,941円

SMBC日興証券 オンライントレード

AIメカテックIPOの事業内容

AIメカテックは、2016年7月に株式会社日立製作所からの新設分割によって設立され、フラットパネル・ディスプレイ(FPD)製造装置や半導体パッケージ製造装置の開発・製造・販売及びアフターサービスを行っています。

IJP(インクジェット・プリンティング)ソリューション事業では、IJP応用分野とフィルム応用分野の研究開発成果を製品に展開し、有機ELパネルを始めとする次世代パネルの量産化や、フレキシブルデバイス及びデジタルサイネージに向けたプロセスと設備の提案をおこなっています。

AIメカテックのIJPソリューション事業

(※画像クリックで拡大)

半導体関連事業では、半導体パッケージの実装に用いられる、はんだボールマウンタ装置の開発・製造・販売及びアフターサービスを行っています。

AIメカテックのはんだボールマウンタ装置

(※画像クリックで拡大)

LCD(液晶ディスプレイ)事業では、テレビやスマートフォン等の液晶ディスプレイパネル生産工程で使われるシール塗布装置、液晶滴下装置、真空貼合せ装置等の開発・製造・販売及びアフターサービスを行っています。

AIメカテックのLCD事業

(※画像クリックで拡大)

AIメカテックIPOの業績

AIメカテックの業績

(※画像クリックで拡大)

AIメカテックIPOの業績は、第3期(2019年6月期)をピークに下降していて、頭打ちといった感じですね。

AIメカテックのIPO評価

AIメカテックは規模(吸収金額75.7億円)が大きいというだけでなく、公募株ゼロの売出株のみなので、VC(ベンチャーキャピタル)のイグジット案件としても警戒されそうです。

また、半導体パッケージや有機ELパネルなどの製造販売は地味で、業績もパッとしないことから、事業面もイマイチと言わざるを得ません。

よって、AIメカテックのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。AIメカテックIPOは、公開価格を目途に初値形成するのが精一杯と予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

AIメカテックIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

AIメカテックIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込む予定です。

AIメカテックIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB不参加
野村證券 BB不参加
大和証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
岡三証券 BB不参加
岩井コスモ証券 BB不参加
極東証券 口座なし
水戸証券 口座なし
マネックス証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング