アンビスホールディングス(7071)IPOの仮条件が決まっています。アンビスホールディングスIPOは、今後の超高齢化社会において需要が高まりそうな医療施設型ホスピス事業を行っていることで関心を集めているようです。

ただ、アンビスホールディングスIPOはやや規模が大きいため、前日に新規上場するAI CROSSHENNGEの動向や地合いに左右されるかもしれませんね。

アンビスホールディングス

アンビスホールディングスIPOの関連記事

アンビスホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!介護関連IPO!

アンビスホールディングスIPOの新規上場を承認!主幹事は野村證券!

アンビスホールディングスIPOの仮条件

2,610円~2,800円

アンビスホールディングスIPOの仮条件は、想定価格の2,610円を下限に上方へ拡げて設定されています。アンビスホールディングスIPOは、当初からそこそこの評価を得ていたので、やや強気の仮条件も想定の範囲内だと思います。

ちなみに、アンビスホールディングスIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は33億円から35.4億円にアップします。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOルール

アンビスホールディングスIPOの初値予想

3,080円 (想定価格比:+470円)

(※大手予想会社の初値予想:3,000円~4,000円)

アンビスホールディングスIPOは規模(吸収金額35.4億円)の大きさが気になりますが、ほぼ公募株でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないのはプラス要素です。

また、医療施設型ホスピス事業(医心館事業)は社会的意義があり、介護福祉というテーマ性でも一定の評価を得られると思います。

よって、アンビスホールディングスIPOは3,000円の大台を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アンビスホールディングスIPOのその他初値予想はこちら

アンビスホールディングスIPOの幹事団

アンビスホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SBI証券

アンビスホールディングスIPOの幹事団は、主幹事の野村證券と平幹事のSBI証券の2社というコンパクトな構成なので、どちらもそれなりにチャンスがありそうですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社