AnyMind Group(5027)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の11月30日から開始されます。

AnyMind Group(エニーマインドグループ)はブランド企業向けのマーケティング支援や、パブリッシャーおよびクリエイター向けの収益化支援などを行っています。

AnyMind Groupはスマートドライブとの同時上場で、前日にも大型なスカイマーク大栄環境同時上場するので、需給面に不安がありますね。

AnyMind Group

AnyMind Group(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名AnyMind Group
コード5027(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
松井証券
SMBC日興証券
岩井コスモ証券
岡三証券
auカブコム証券
岡三オンライン
上場日12月15日
仮条件決定日11月29日(970円~1,000円に決定)
ブックビルディング期間11月30日から12月6日
公開価格決定日12月7日
申込期間12月8日から12月13日まで
公募885,300株
売出し1,804,200株
OA403,400株
吸収金額30億円
時価総額552.8億円
想定価格970円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

AnyMind Group(5027)IPOの事業内容

AnyMind Groupはブランドコマース事業として、ブランドの設計・企画からEC構築や物流管理に至るまでを支援するプラットフォームを提供しています。

また、AnyMind Groupはパートナーグロース事業として、パブリッシャーとクリエイターのブランド成長と収益向上を支援するプラットフォームも提供しています。

AnyMind Groupのプラットフォーム

AnyMind Groupの従業員数は1,200名(2022年9月時点)を超える水準まで急拡大しており、国別では日本が348名、タイが264名、ベトナムが189名、インドネシアが112名などで構成され、多国籍な体勢で事業展開しています。

AnyMind Groupはアジア13ヵ国・地域に19拠点を展開しており、2021年12月期の海外売上比率は約57%となっています。

IPOによる手取金の使途

  1. 事業拡大のための人件費

AnyMind Group(5027)IPOの業績

AnyMind Groupの業績

(※画像クリックで拡大)

AnyMind Groupの売上は順調に伸びていますが、利益はまだ赤字ですね。

AnyMind GroupのIPO評価

AnyMind Groupは今年(2022年)の3月30日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定を中止していたので、仕切り直しての新規上場になります。

ちなみに、AnyMind Groupは前回新規上場しようとした時と比べて、公募株が3,868,100株→885,300株、売出株が3,678,400株→1,804,200株、OA株が1,131,900株→403,400株へと削減されており、想定価格も1,150円→970円へとダウンしているため、吸収金額も99.8億円→30億円と約1/3にダウンしています。

しかし、AnyMind GroupはIPOラッシュ中でのスマートドライブとの同時上場になるので、それでも資金分散の影響が気になります。

また、AnyMind Groupは業績が赤字で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が多いことでも警戒されそうです。

よって、AnyMind GroupのIPO評価はCが妥当だと考えています。AnyMind Groupは今のところ公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

AnyMind Group(5027)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

AnyMind Group(5027)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただし、SBI証券は落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるので必ず申し込む予定です。

AnyMind Group(5027)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB検討中
SBI証券 BB参加
松井証券 BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
岩井コスモ証券 BB検討中
岡三証券 BB不参加
auカブコム証券 BB検討中
岡三オンライン BB検討中


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社