アルテリア・ネットワークス(4423)IPOの仮条件が決定しています。アルテリア・ネットワークスIPOは規模が大きいだけでなく、公募株ゼロの売出株のみという出口案件なので、かなり警戒されそうです。

上場市場は東証1部が濃厚ですが、それでもIPOラッシュ中ということも考慮すると、この規模は重く感じますね。

アルテリア・ネットワークス

アルテリア・ネットワークスIPOの関連記事

アルテリア・ネットワークスIPOのBBスタンスとIPO評価!ネット関連IPO!

アルテリア・ネットワークスIPOの新規上場を承認!日興主幹事の大型IPO!

アルテリア・ネットワークスIPOの仮条件

1,150円~1,500円

アルテリア・ネットワークスIPOの仮条件は、想定価格の1,400円を挟んで下方に大きく拡げて設定されています。下方に大きく拡げた仮条件は、印象があまり良くないですね。これで、公開価格が想定価格を下回るようだと、危険度はさらに増すと思います。

ちなみに、アルテリア・ネットワークスIPOの公開価格が仮条件の上限(1,500円)で決まると、吸収金額は282億円から301.9億円にアップするので、ますます重くなってしまいますね。


SMBC日興証券のIPOルール

アルテリア・ネットワークスIPOの初値予想

1,500円 (想定価格比:+100円)

(※大手予想会社の初値予想:1,400円~1,500円)

アルテリア・ネットワークスIPOは、やはり規模(吸収金額301.9億円)の大きさと、公募株ゼロの売出株のみという点が懸念材料です。

また、インターネットサービス事業は安定しているようですがインパクトに欠けます。

よって、アルテリア・ネットワークスIPOは公開価格を目途に初値形成すると予想していますが、公開価格を割れる可能性もあると思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アルテリア・ネットワークスIPOのその他初値予想はこちら

アルテリア・ネットワークスIPOの幹事団

アルテリア・ネットワークスIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
みずほ証券
UBS証券
幹事証券 大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
野村證券
SBI証券
マネックス証券
岡三証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
水戸証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券

アルテリア・ネットワークスIPOは当選枚数が多いので、主幹事のSMBC日興証券だけでなく、平幹事のSBI証券マネックス証券などでも当選が狙えそうです。

ただ、アルテリア・ネットワークスIPOは公開価格を割れる可能性もあるため、安易に申し込むのは危険だと思います。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社