アジアクエスト(4261)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の12月9日にスタートします。アジアクエストは企業のDX化を支援する事業を展開してます。

アジアクエストは前代未聞の7社同時上場を終えた後でのセキュアとの同時上場になるので、買い疲れの影響が気になります。

ただ、12月のIPOも終わりが見えている時期なので、注目度は高まりそうですね。

アジアクエスト

アジアクエスト(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名アジアクエスト
コード4261(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)いちよし証券
あかつき証券
岩井コスモ証券
SBI証券
極東証券
東洋証券
松井証券
マネックス証券
楽天証券
上場日12月27日
仮条件決定日12月7日(2,370円~2,430円に決定)
ブックビルディング期間12月9日から12月15日
公開価格決定日12月16日(2,430円に決定)
申込期間12月17日から12月22日まで
公募230,000株
売出し150,000株
OA57,000株
吸収金額10.4億円
時価総額33.2億円
想定価格2,370円→公開価格:2,430円
初値価格5,600円

アジアクエストIPOの事業内容

アジアクエストは企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためのコンサルティング、システム開発、プロダクト開発等、様々な技術を活用したデジタルインテグレーションサービスを提供しています。

アジアクエストのデジタルインテグレーションサービス

(※画像クリックで拡大)

アジアクエストはIoT、AI、クラウド、RPA等の最新デジタル技術はもちろん、Web、モバイル、ビッグデータの解析等の技術、優れた顧客体験を実現するUI/UXのノウハウを織り交ぜ、顧客のニーズに柔軟に対応しています。

アジアクエストのDX支援

また、アジアクエストはインドネシア、マレーシアに海外現地法人があり、累計100社以上の現地日系企業及びローカル企業にIT支援サービスを行っています。

アジアクエストのビジネスモデル

アジアクエストのビジネスモデル

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 事業活動に必要不可欠である業務用PCの新規採用社員用取得や代替交換資金
  2. 借入金返済
  3. エンジニアをはじめとした従業員の人件費・労務費や採用教育費等の運転資金

アジアクエストIPOの業績

アジアクエストの業績

(※画像クリックで拡大)

アジアクエストIPOの売上は堅調に推移しており、利益も急激に伸びていて好調そうです。

アジアクエストのIPO評価

アジアクエストはセキュアとの同時上場になりますが、規模(吸収金額10.4億円)が小さくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、それでも需給面で人気を集めると思います。

また、アジアクエストは今が旬のDX(デジタルトランスフォーメーション)事業を展開していて、IoTAIクラウドRPAといったIPOで人気のテーマ性もあるため、事業面でも注目されそうです。

よって、アジアクエストのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。アジアクエストIPOは公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アジアクエストIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

アジアクエストIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。主幹事のみずほ証券をはじめ、SBI証券マネックス証券などの平幹事ももれなく申し込む予定です。

アジアクエストIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
いちよし証券 BB参加
あかつき証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
極東証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
松井証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
楽天証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング