エフ・コード(9211)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の12月9日から開始されます。エフ・コードはタグさえ設置すれば誰でも簡単に使えるWeb接客ツール「CODE Marketing Cloud」を提供しています。

エフ・コードはこれから新規上場するIPOの中でも特に小型なので、IPOラッシュ中でも人気を集めそうですね。

エフ・コード

エフ・コード(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名エフ・コード
コード9211(サービス業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)アイザワ証券
あかつき証券
岩井コスモ証券
極東証券
マネックス証券
水戸証券
岡三証券
東洋証券
丸三証券
楽天証券
エイチ・エス証券
光世証券
松井証券
むさし証券
SBIネオトレード証券
SBIネオモバイル証券
岡三オンライン証券
上場日12月24日
仮条件決定日12月7日(1,860円~2,020円に決定)
ブックビルディング期間12月9日から12月15日
公開価格決定日12月16日(2,020円に決定)
申込期間12月17日から12月22日まで
公募100,000株
売出し59,700株
OA23,900株
吸収金額3.3億円
時価総額37.3億円
想定価格1,820円→公開価格:2,020円
初値価格6,000円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

エフ・コードIPOの事業内容

エフ・コードはCX(カスタマー・ エクスペリエンス)領域のデータ基盤を軸に企業のDX推進をワンストップで支援するサービスを提供しています。

具体的には、DXの支援領域によってデジタル顧客獲得支援サービスデジタル顧客育成支援サービスを展開しています。

デジタル顧客獲得支援サービスにおいては、顧客クライアントのデジタル戦略の設計やデジタルマーケティング活動の改善など、主にクライアントの顧客獲得のデジタル化の領域を支援するサービスを提供しています。

デジタル顧客育成支援サービスにおいては、自社がSaaS型ソフトウェアとして提供するWeb接客ツール「CODE Marketing Cloud」を中心としたクライアントのサイトUI/UXの改善やインサイドセールスの改善支援などにより、見込顧客の育成(ロイヤル化)を支援しております。

IPOによる手取金の使途

  1. 事業の拡大に伴う人材基盤の拡充のための採用費及び人件費
  2. サービス認知度の向上及び顧客基盤拡大のための広告宣伝費及び代理店等への販売手数料
  3. サービスの追加機能開発など、ソフトウェア開発費用

エフ・コードIPOの業績

エフ・コードの業績

(※画像クリックで拡大)

エフ・コードIPOの売上は順調に伸びていて、利益も黒字転換しているので、今後に期待できそうです。

エフ・コードのIPO評価

エフ・コードはIPOラッシュ終盤での7社同時上場になりますが、規模(吸収金額3.3億円)が極めて小さいため、それでも需給面で人気を集めると思います。

また、エフ・コードはSaaSDXCXといったIPOで人気のテーマ性があるため、事業面でも関心を集めそうです。

よって、エフ・コードのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。エフ・コードIPOは公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エフ・コードIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

エフ・コードIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。主幹事のSBI証券はもとより、マネックス証券松井証券などの平幹事ももれなく申し込むつもりです。

エフ・コードIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
アイザワ証券 口座なし
あかつき証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
極東証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
水戸証券 口座なし
岡三証券 BB参加
東洋証券 ネット口座で取扱いなし
丸三証券 BB参加
楽天証券 BB参加
エイチ・エス証券 BB参加
光世証券 口座なし
松井証券 BB参加
むさし証券 BB参加
SBIネオトレード証券 BB参加
SBIネオモバイル証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング